【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 1055現在の記事:
  • 36今日の訪問者数:
  • 54昨日の訪問者数:
  • 54今日の閲覧数:
  • 129昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】突然起きる、現代のギロチン

無駄な痛みを与えずに“人道的な処刑”の方法として開発されたギロチン。世界一有名な処刑器具といっても過言ではないだろう。フランスやベトナムでは、1970年代まで現役で活躍していたが、現在は使用する国はないという。しかし今月4日、“Modern guillotine”(現代のギロチン)といったタイトルで痛々しい動画が、動画共有サイト「LiveLeak」にアップされた。
 その10秒ほどの動画には、仕事の作業中だと思われる男性が2人映し出される。片方の男性が、背の丈の3倍以上あるシャッターを上に開け、もう片方の男性がシャッターから台車を運びだそうとする。その次の瞬間、上げたシャッターが猛スピードで落ち、台車を運ぼうとしていた男性の頭部に落下し、男性はシャッターの下敷きに。隣にいたシャッターを開けた男性がすぐさまシャッターを少し開けたところで動画は終わる…。
 こういった悲惨な労働災害は世界中で起こっている。ロシアでは、工場で働いていた男性がワイヤーを引き伸ばす作業中に機械が故障し、ワイヤーによって斬首されてしまうといった凄惨な労働事故が起きている。また、中国では6mの建設現場から落下し、鉄の棒が頭に突き刺さってしまった男性もいる。この中国人男性は手術に成功し、一命を取り留めたというが、医者は当初「助からないだろう」と家族に話していたという。

 厚生労働省が去年発表した「労働災害発生状況」によると、労働災害による死者は1,057人で、高所からの“墜落・転落”が263人、“交通事故”が232人、そして機械などに“はさまれ・巻き込まれ”で151人が死亡。“墜落・転落”、“交通事故”は僅かではあるものの減少傾向にあるが、“はさまれ・巻き込まれ”は前年と比べ14.4%も増加している。

 日本国内の取り組みとしては「第12次労働災害防止計画」の目標である、死亡災害・死傷災害の15%以上減少達成のため、転倒災害防止対策やチェックリストを活用した職場巡視、ガイドラインに基づく安全対策の周知などの対策を採っている。しかし、機械だけでなく今回のシャッターのように、なにが凶器に変わるかわからない。くれぐれも注意が必要だ。

※衝撃的な動画を掲載しています。
jiko7

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

【閲覧注意】ナイトクラブに手榴弾が投げ込まれた決定的瞬間がヤバい! 客たちが事態を把握できないまま爆発し…=ウクライナ

ウクライナのナイトクラブで手榴弾が投げ込まれる事件が起きた。その光景を収めた衝撃映像が海外の動画サイト「LiveLeak」などに投稿されて話…

20186/26

【閲覧注意】母親の棺桶が息子の顔面に落下して死亡! 葬式中に起きた恐怖の“心中事件”に全世界戦慄!

動画には、同国スラウェシ島で営まれた葬儀の様子が収められている。男性たちが大きな棺を高床式の葬儀小屋へと運んでいる。そのとき突然、小屋にかか…

【閲覧注意】女の腹から“生きたウナギ”を引き抜く激ヤバ手術映像流出!

問題の動画は、女性患者の腹部をハサミで切開するシーンから始まる。 やがて、傷口からなにやら茶色いものがニョキッと突き出し、医師はそれをピン…

【閲覧注意】体長8mニシキヘビに“頭から丸呑みされた”54歳女性の遺体に衝撃広がる!

 インドネシア・スラウェシ島東部の村で撮影された世にも恐ろしい映像がネット上に出回り、NHKをはじめとする世界各国のメディアが大きく報じる事…

ページ上部へ戻る