【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 10現在の記事:
  • 6今日の訪問者数:
  • 8今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】突然起きる、現代のギロチン

無駄な痛みを与えずに“人道的な処刑”の方法として開発されたギロチン。世界一有名な処刑器具といっても過言ではないだろう。フランスやベトナムでは、1970年代まで現役で活躍していたが、現在は使用する国はないという。しかし今月4日、“Modern guillotine”(現代のギロチン)といったタイトルで痛々しい動画が、動画共有サイト「LiveLeak」にアップされた。
 その10秒ほどの動画には、仕事の作業中だと思われる男性が2人映し出される。片方の男性が、背の丈の3倍以上あるシャッターを上に開け、もう片方の男性がシャッターから台車を運びだそうとする。その次の瞬間、上げたシャッターが猛スピードで落ち、台車を運ぼうとしていた男性の頭部に落下し、男性はシャッターの下敷きに。隣にいたシャッターを開けた男性がすぐさまシャッターを少し開けたところで動画は終わる…。
 こういった悲惨な労働災害は世界中で起こっている。ロシアでは、工場で働いていた男性がワイヤーを引き伸ばす作業中に機械が故障し、ワイヤーによって斬首されてしまうといった凄惨な労働事故が起きている。また、中国では6mの建設現場から落下し、鉄の棒が頭に突き刺さってしまった男性もいる。この中国人男性は手術に成功し、一命を取り留めたというが、医者は当初「助からないだろう」と家族に話していたという。

 厚生労働省が去年発表した「労働災害発生状況」によると、労働災害による死者は1,057人で、高所からの“墜落・転落”が263人、“交通事故”が232人、そして機械などに“はさまれ・巻き込まれ”で151人が死亡。“墜落・転落”、“交通事故”は僅かではあるものの減少傾向にあるが、“はさまれ・巻き込まれ”は前年と比べ14.4%も増加している。

 日本国内の取り組みとしては「第12次労働災害防止計画」の目標である、死亡災害・死傷災害の15%以上減少達成のため、転倒災害防止対策やチェックリストを活用した職場巡視、ガイドラインに基づく安全対策の周知などの対策を採っている。しかし、機械だけでなく今回のシャッターのように、なにが凶器に変わるかわからない。くれぐれも注意が必要だ。

※衝撃的な動画を掲載しています。
jiko7

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201811/20

【閲覧注意】鎮火直後の山火事現場が“この世の地獄”だった! 生きながら焼かれ、炭になった人間があちこちに…=米

米カリフォルニア州で今月8日から続いている山火事では、すでに死者が79人、行方不明者が1276人に達した。ドナルド・トランプ大統領は17日、…

201811/19

【閲覧注意】ぱっくり裂けた胸から肺が露出、呼吸のたびに伸び縮み…! 交通事故用語「重傷者」は、ここまで酷い場合がある!

インドかパキスタンで撮影されたと思われるこの動画で、まず目に飛び込んでくるのは黒山の人だかり。彼らは、事故現場で車の中に閉じ込められている人…

【閲覧注意】集団で生贄を“八つ裂き”にするヒンドゥー教の祭「ダサイン」がヤバい!

【閲覧注意】集団で生贄を“八つ裂き”にするヒンドゥー教の祭「ダサイン」がヤバい! 臓物ドボドボに狂喜乱舞… 圧倒的パワーの是非  ヒン…

201811/13

【閲覧注意】彼氏に「唇を完全に食いちぎられた」18歳美女が悲惨すぎる!

米・サウスカロライナ州の都市シンプソンビルで昨年10月21日、ケイラ・ヘイズさん(19)はかつてのボーイフレンド、セス・アーロン・フルーリ(…

【閲覧注意だがエピソードが味わい深い】“鼻呼吸をするため”頭にナイフを刺した男がヤバい!

 ロシア・ロストフ州の町ドネツクで撮影された奇妙な映像がネット上で話題となっている。頭に8インチ(約20センチ)のキッチンナイフが刺さったロ…

ページ上部へ戻る