【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 7現在の記事:
  • 27今日の訪問者数:
  • 33今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】宮城の主婦が手足指20本切断で話題! “人食いバクテリア”が原因の「壊死性筋膜炎」がヤバすぎる!!

今月3日、「河北新報」が報じたところによると、宮城県岩沼市の整形外科クリニックを受診した60代の主婦が、両手足の指20本(つまり全指)を失ったのは医師による処置の遅れが原因であるとして、病院を運営する医療法人に対し損害賠償を求める訴えを起こしたという。
 この主婦は昨年11月、右脚が急に痛み出してクリニックを受診したが、経過観察として帰宅させられた。すると翌朝、激しい動悸に襲われ、搬送された先の別の医療機関で「壊死性筋膜炎」との診断が下る。しかし、治療の甲斐も虚しく指先の血流はどんどん悪くなり、1カ月半後には両手足の指をすべて切断しなければならない事態に陥ったようだ。
衝撃的な動画を掲載しています。
bakuteria
■“人食いバクテリア”の恐怖
この「壊死性筋膜炎」、過去にもトカナで報じているが「ビブリオ・バルニフィカス」(別名:人食いバクテリア)という細菌が原因の非常に恐ろしい感染症だ。生魚などから体内に侵入した菌が筋膜に感染すると、猛烈なスピードで体の壊死が進行し、あのエボラ出血熱並みの致死率で数日以内に命を落とす。患者は高熱や精神錯乱を併発し、命が助かっても後遺症が現れるケースは多い。
 実際、感染者に現れる病状は、目も当てられないほど悲惨なものばかりだ。発症初期は紅斑だけのものが、数日のうちにみるみる膿だらけになり、そして肉は溶けるように失われていく。患者は、耐え難い苦痛と恐怖に怯えることになるだろう。しかも、予防法には「生魚を食べない」「裸足で海に入らない」など、なかなか現実的ではない項目が並ぶ。
 今回の主婦側は、整形外科クリニックによる初期診断が適切ならば指の切断は防げたと主張しているが、実はこの感染症は医師たちの間で広く認知されているとは言い難い状況にあるという。いずれにしても、「壊死性筋膜炎」のことを常に頭の片隅に留め、感染が疑われる場合には直ちに医療機関へと駆け込むしかない。それだけで、命を落とさずに済む確率は多少高まるはずだ。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

【閲覧注意】人妻をレイプ未遂の有名サッカー選手、夫に惨殺される! ペニス切り取られ、首がもげそうに…

先月27日、ブラジル南部の都市クリチバ市郊外の雑木林で、サッカー選手の遺体が発見された。死亡したのはダニエル・コレア・フレイタスさん(24)…

【閲覧注意】男のアナルから“ぶっといキュウリ”を取り出す様子がエグすぎる! 医師たち大爆笑、「直腸異物」の手術現場

肛門から異物を挿入されて抜き取れなくなった状態を、医学用語では「直腸異物」という。その異物には、自慰や性行為で使われる大人のおもちゃが多いが…

【閲覧注意・速報】宝くじ当選のため「悪魔儀式」で4人殺害! 少女塩漬け・拷問・火炙り・バラバラ…血飲み、頭部拝み!=ブラジル

ブラジル北東部にある小さな村・イグアトゥで先日、2人の男が殺人容疑で逮捕された。ロベルト・アウヴェス(41歳)とグリーソン・バロス(30歳)…

ページ上部へ戻る