【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 118現在の記事:
  • 29今日の訪問者数:
  • 102今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】ロシア空爆で命を落とした少女の、あまりにも悲惨な姿=シリア

長期化するシリア内戦。今年9月30日、ロシアはアメリカやサウジアラビアの有志連合に続き、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」掃討の名目でシリア領内への空爆を開始した。しかし、アサド政権との結びつきが深いロシアが実際に空爆しているのは「イスラム国」ではなく反政府側であると考えられており、いまやシリア情勢は各国の思惑が入り交じった代理戦争の様相を帯びてきた。

 アサド政権と反政府組織、「イスラム国」やクルド人勢力、さらにその背後で影響力を増す欧米と中東諸国、そしてロシア――このような混沌とした構図は、内戦の終結を一層遅らせることにつながる。もっとも被害を受けるのは、シリアの一般市民だ。そして先月27日、ロシアが行った空爆により、またも罪なき幼い命が奪われてしまった。しかも、誰もが目を伏せたくなるような悲惨な死に方で。動画共有サイト「LiveLeak」上に公開された映像をご覧いただこう。
ロシア空爆で命を落とした少女の、あまりにも悲惨な姿
rosia1
シリア北西部アレッポ県、トルコとの国境に接する街アザーズ。中年の男性が、何かを運んでいるが――よく見ると、人だ。服装から少女であることがわかるが、脚と手は力無くだらりとぶら下がっている。しかし、そこから視線を上に遣ると、なんと少女の胸元から上が完全に吹き飛んでいるではないか! 爆弾の直撃を受けてしまったのだろうか、もう少女は息絶えているとしか思えない。それでも男性は彼女を抱え上げ、必死にどこかへと運ぼうとしているのだ。悪夢のような光景を前にして、決して錯乱することのない周囲の人々の様子もまた、現在のシリア内戦がいかに悲惨な状況にあるかという事実を物語るかのようだ。

 空から降り注ぐ爆弾は、一般市民を傷つけ、そしてまたテロリストが生まれる。分かりきったことであるにもかかわらず、世界は同じことを何度も繰り返す。このような負の連鎖を断ち切らない限り、平和が訪れることなどあり得ない。これを単なる「グロテスクな映像」として片づけてしまうことは間違いだ。新聞やテレビで伝えられることのないシリアの現実を直視し、いま世界はこの国のために何を為すべきか、真剣に考えたい。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】「人民寺院の集団自殺」封印画像をFBIが機密解除! 無数の腐乱死体、強烈な死臭漂う衝撃写真!

1978年11月18日は、ガイアナ北部に設立された「人民寺院(ジョーンズタウン)」で集団自殺が決行された日である。  人民寺院は195…

【閲覧注意】新型コロナの犠牲者、遺体と一緒に寝かされる患者たち… 自粛の気を緩めれば日本もこうなる、現状を知れ!

インド・マハーラーシュトラ州ムンバイにあるロックマンヤ・ティラック・ミュニシパル総合病院で撮影された動画は、地獄のような光景を映し出す。黒い…

【閲覧注意】イランの旅客機撃墜“直後の現場映像”が流出!

今月8日、イランの首都テヘラン近郊でウクライナ国際航空の旅客機752便が離陸直後に墜落し、乗員・乗客176人全員が死亡した。死者の中にはイラ…

【超・閲覧注意】米殺害イラン・ソレイマニ司令官の遺体画像流出! 焼け焦げバラバラ“ただの肉片”

米国防総省は今月3日、イランのイスラム革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを発表した。米軍はイラク・バグダッド空港でドローンを…

201912/19

【閲覧注意】最恐競技「エアリアルシルク」で美人選手が落下、脊髄損傷する決定的瞬間!

「国際空中演技選手権(IAAC)」は、ポールスポーツ、エアリアルシルク、エアリアルフープの3種目について、予選を突破したチームのみが参加でき…

ページ上部へ戻る