【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 13現在の記事:
  • 64今日の訪問者数:
  • 117今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【米国への復讐】オサマ・ビンラディンの息子、ハムザが宣告

オサマ・ビンラディンこの名前に戦慄を覚える読者も多いことだろう。
そう、3000人以上が命を落とし、その後の国際情勢を一変させた大惨事である2001年のアメリカ同時多発テロ事件(9・11)を首謀した国際テロ組織「アルカイダ」の司令官にして資金提供者、かつ精神的支柱として暗躍した史上最悪のテロリストだ。

2011年5月、オサマ・ビンラディンは潜伏先だったパキスタン北部アボッターバードの隠れ家で、アメリカ軍の特殊部隊による襲撃を受けて抹殺された。
その遺体は、埋葬場所がテロリストたちの聖地となることを防ぐため、アメリカ軍によって水葬されたと発表されている。
かくして世界はオサマ・ビンラディンの脅威から解放された――などという甘い話ではなかったようだ。
なんと、成人したオサマ・ビンラディンの息子がついに姿を公にし、世界への復讐を呼びかけ始めたという。

「アボッターバード(ビンラディン最期の地)で行われた罪に対して、何の報いもないと思ったら大間違いだ。後悔することになるだろう」
「アメリカ国民には、ムスリムへの抑圧をはじめ、リーダーたちが行っていることに対する責任があるのだ」

現在、CBSテレビをはじめとするアメリカの大手メディアはハムザ・ビンラディンの突然の出現にド肝を抜かれ、恐怖と驚きを持って事態の深刻さを伝えている。
2011年のオサマ・ビンラディン殺害時、ともに潜伏していた後継者と目される息子カリード・ビンラディン(当時22歳)も死亡しており、ビンラディン一族の脅威は取り除かれたとの見方もあった。
しかしその地位は、混乱に乗じて逃げ切ったハムザ・ビンラディン(当時19歳)にしっかりと継承されていたというわけだ。




動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]



【Youtubeで稼ぐ最新プログラム!FINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)】
http://shentin.net/s/fyb




http://re-file.com/01/919/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る