【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 158現在の記事:
  • 33今日の訪問者数:
  • 73昨日の訪問者数:
  • 44今日の閲覧数:
  • 120昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【米国への復讐】オサマ・ビンラディンの息子、ハムザが宣告

オサマ・ビンラディンこの名前に戦慄を覚える読者も多いことだろう。
そう、3000人以上が命を落とし、その後の国際情勢を一変させた大惨事である2001年のアメリカ同時多発テロ事件(9・11)を首謀した国際テロ組織「アルカイダ」の司令官にして資金提供者、かつ精神的支柱として暗躍した史上最悪のテロリストだ。

2011年5月、オサマ・ビンラディンは潜伏先だったパキスタン北部アボッターバードの隠れ家で、アメリカ軍の特殊部隊による襲撃を受けて抹殺された。
その遺体は、埋葬場所がテロリストたちの聖地となることを防ぐため、アメリカ軍によって水葬されたと発表されている。
かくして世界はオサマ・ビンラディンの脅威から解放された――などという甘い話ではなかったようだ。
なんと、成人したオサマ・ビンラディンの息子がついに姿を公にし、世界への復讐を呼びかけ始めたという。

「アボッターバード(ビンラディン最期の地)で行われた罪に対して、何の報いもないと思ったら大間違いだ。後悔することになるだろう」
「アメリカ国民には、ムスリムへの抑圧をはじめ、リーダーたちが行っていることに対する責任があるのだ」

現在、CBSテレビをはじめとするアメリカの大手メディアはハムザ・ビンラディンの突然の出現にド肝を抜かれ、恐怖と驚きを持って事態の深刻さを伝えている。
2011年のオサマ・ビンラディン殺害時、ともに潜伏していた後継者と目される息子カリード・ビンラディン(当時22歳)も死亡しており、ビンラディン一族の脅威は取り除かれたとの見方もあった。
しかしその地位は、混乱に乗じて逃げ切ったハムザ・ビンラディン(当時19歳)にしっかりと継承されていたというわけだ。




動画が再生されない場合はこちら
[動画再生]



【Youtubeで稼ぐ最新プログラム!FINALYOUTUBER(ファイナルユーチューバー)】
http://shentin.net/s/fyb




http://re-file.com/01/919/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

【閲覧注意】ナイトクラブに手榴弾が投げ込まれた決定的瞬間がヤバい! 客たちが事態を把握できないまま爆発し…=ウクライナ

ウクライナのナイトクラブで手榴弾が投げ込まれる事件が起きた。その光景を収めた衝撃映像が海外の動画サイト「LiveLeak」などに投稿されて話…

20186/26

【閲覧注意】母親の棺桶が息子の顔面に落下して死亡! 葬式中に起きた恐怖の“心中事件”に全世界戦慄!

動画には、同国スラウェシ島で営まれた葬儀の様子が収められている。男性たちが大きな棺を高床式の葬儀小屋へと運んでいる。そのとき突然、小屋にかか…

【閲覧注意】女の腹から“生きたウナギ”を引き抜く激ヤバ手術映像流出!

問題の動画は、女性患者の腹部をハサミで切開するシーンから始まる。 やがて、傷口からなにやら茶色いものがニョキッと突き出し、医師はそれをピン…

【閲覧注意】体長8mニシキヘビに“頭から丸呑みされた”54歳女性の遺体に衝撃広がる!

 インドネシア・スラウェシ島東部の村で撮影された世にも恐ろしい映像がネット上に出回り、NHKをはじめとする世界各国のメディアが大きく報じる事…

ページ上部へ戻る