【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 100現在の記事:
  • 19今日の訪問者数:
  • 23今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】内臓とペニスを売るために4歳の子どもをぐちゃぐちゃにした16歳青年=ナイジェリア

臓器売買とは、臓器移植のために金銭によって人間の臓器を売り買いすること。日本では1997年に施行された臓器移植法により、臓器の提供やあっせんの対価としての金銭の授受を禁じている。また、臓器提供のあっせん業者は厚労相の許可が必要であり、営利を目的にすることも禁じられている。しかし、アフリカ西部に位置するナイジェリアでは臓器売買が横行し、悲惨な事件が起こっているようだ。

 実際に起きた事件や事故のニュースを掲載する18禁サイト「Best Gore」に衝撃的な画像が公開された。タイトルには「4歳のアフリカの子どもが臓器のために殺された」とあり、小さな子どもを抱えた青年の写真がアップされている。しかし、青年が抱える子どものお腹は広く長く切り裂かれ、首元にも深い傷が見える。そして、あろうことかペニスも切り取られた跡が見られる。そんな悲惨な姿の子どもを抱えているわりに、青年の表情は落ち着いており、どこか作り物に見えてしまうほどだ。
衝撃的な画像を掲載しています。
zouki
「Best Gore」によると、この4歳の子どもを殺した青年の年齢はなんと16歳。ナイジェリアの南西端・ラゴスの小学校に4歳の子を連れ出し、はらわたを抜き取った。そして青年は新鮮な臓器と子どものペニスをとある人物に渡し、5万ナイラ(日本円にして僅か2万8000円ほど)を受け取ったという。

 ナイジェリアには「赤ちゃん工場」というものが存在する。可愛らしい名前と思うかもしれないが、別名は「赤ちゃん農場」とも呼ばれている人身売買ルートのことを意味する。その“工場”では、拉致監禁した十代の若い少女をレイプし、赤ちゃんを出産させて、その赤ちゃんは臓器移植用に人身売買されているという。

 2003年にナイジェリアで人身売買は法律で禁止になったが、詐欺、麻薬売買についで3番目に多い犯罪だと言われている。今回2万8000円のために4歳の子どもを殺害した16歳の青年の、どこかやるせないような表情には、ナイジェリアの闇を感じさせるものがある。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20198/21

【閲覧注意】ガソリンを盗もうとした100人が突然「焼死体の山」に…!

 タンザニアのウルグル山地麓に位置する都市モロゴロで今月10日、横転したタンクローリーが爆発する事故が起こった。燃料を盗もうとした88人が死…

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

ページ上部へ戻る