【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 13現在の記事:
  • 5今日の訪問者数:
  • 8今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】性格が奇形を凌駕する ― 鼻がなく、皮膚もただれた人気者=ブラジル

未成熟なところだと、小学生が同級生に対して「太っているから」「貧乏だから」「親がシングルだから」といった理由で、一歩引いた状態で接し、場合によってはいじめにつながることすらある。恐らくは、対象者が自分とは違うから、特異だから、平均的でないから、特別な対応をしてしまうのだろう。大人になれば頭脳やコミュニケーション能力も発達し、自然と「いじめはいけませんよ」「平等に接しましょう」という言葉が出てくるようにもなるが、それでもすべての人と平等に接することは難しい。とかく、病人に対しては顕著だ。
 特に奇病、難病などの大病を患う人に対しては、直感的に強く拒否反応を示してしまうのが正直なところだろう。「同じ人間だから」と頭では理解していても、握手、会話など、ふだん当たり前にできることができなくなってしまう。無論、慈愛の精神が強く、何ごともないかのように接することができる人もいるが、多くの人はそうではない。それは日本のみならず、世界各地で見られることであり、酷いところだと迫害するケースまである。そんな世の中である以上、自然と奇病、難病などを患う人は肩身の狭い思いをしており、性格も閉鎖的になりがちだ。しかし、そんなことがまるで当てはまらない妙に明るい人も存在する。
一部の人にとっては、衝撃的な画像を掲載しています。
kikei2
 ブラジル・サンパウロに住むMarcio Jardelさんは、いくつもの奇形を持って生まれてきた。皮膚は恐竜やトカゲのようであり、顔はSF映画の特殊メイクのよう。さらに、鼻を持たないのか、皮膚のただれにより呼吸困難となってしまっているのか、顔の中心部にはプラスチック製の管のようなものが……。その見てくれは、あまりに完璧ないびつさゆえ、ネットでは「偽物」「作り物」「マスク」など、疑惑の声も上がっている。
 ただ、Marcio Jardelさんは自身のFacebookにさまざまな写真をアップしており、決して負い目を感じているようには見えない。それどころか、老若男女、多くの人と写真を撮り、Marcio Jardelさんも、一緒に写る人もみな、一様に笑顔だったりする。サンパウロの街でも、普通に受け入れられている様子。Marcio Jardelさんは、日本でいうところのリア充だ。
 性格が奇形を凌駕し、愛される存在となっているMarcio Jardelさん。8月に開催されるリオデジャネイロ五輪に彼が登場するようなことがあれば、健常者とそうでない人の間に作られてしまっている壁に、何かしらの変化をもたらすかもしれない。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る