【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 61現在の記事:
  • 82今日の訪問者数:
  • 115今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】クマに襲われた男、完膚なきまでの顔面ズタズタ! 生きているのが奇跡=アラスカ

常に食うか食われるかのシビアな世界に生き、時にはその鋭い牙や爪で獲物を完膚なきまでにズタズタにする野生動物。
日本においてもサルやシカなどが人間の住む下界まで降りてきて作物を狙うことが増えている。
4月15日にアラスカ州デナリハイウェイを訪れ、クマに襲われた男の画像が「Best Gore」をはじめとする海外の複数メディアで公開され、話題を呼んでいる。
衝撃的な画像です。
ganmen
■顔面を引き裂かれた男性
 クマの一撃は顔面の中央をクリーンヒットしたようで、鼻はおろか口すら吹き飛んでしまったようだ。
だが若干白い歯のようなものも垣間見える。
生きて立っているのが不思議なほどであり、男性の顔は見るも無残に引き裂かれている状態だ。

■雪上に横たわるクマ
 襲われた男性の3倍近くはありそうな体格と、推定2メートルを超える巨大クマが顔面から血を流して横たわっている。
画面上では明確に判断がつかないが、アラスカに生息していることからおそらくコディアックヒグマだろうか。
男性はスノーモービルに座っており、その車体に備え付けられているのは狩猟銃か…。

 アラスカではかねてから出没するクマに気を付けるよう「クマの糞、足跡を見つけたらすぐにその場から立ち去れ」「鮭のいる川は避けろ」「クマと遭遇してしまったら追い払ったり妨害するな」といった呼びかけを行っていたが、被害に遭ってしまう人間も後を絶たないそうだ。
ハンターと呼ばれる人々が、我先にと野生生物の住む領域に足を踏み入れているからだ。

 襲われた男性も野生動物をハントするためにアラスカを訪れたと思われるが、わざわざ動物を殺しに行って自分が殺されかけたのでは本末転倒だ。
名誉や、自分より強い生物はいないという優越感を得るためだけに野生動物を殺害していくハンター。
是非とも彼らにはこの画像の男性を教訓にしてもらい、多くの動物が快く住める世界に生まれ変わってほしいものだ。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20198/21

【閲覧注意】ガソリンを盗もうとした100人が突然「焼死体の山」に…!

 タンザニアのウルグル山地麓に位置する都市モロゴロで今月10日、横転したタンクローリーが爆発する事故が起こった。燃料を盗もうとした88人が死…

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

ページ上部へ戻る