【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 49現在の記事:
  • 83今日の訪問者数:
  • 126今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20165/13

【超・閲覧注意】絶望の「死胎市場」 ― ずらりと並んだブヨブヨで灰色の赤ん坊=タイ

望まぬ妊娠をしてしまった母親の選択肢として、日本では中絶手術という方法があるが、なかには中絶することもできないまま出産してしまうというケースもあるだろう。
出産した後に赤ん坊が殺害されるという悲惨な事件も耳にする。
今月10日に事件や事故のニュースを掲載する海外サイト「Best Gore」で公開された動画では、大勢の母親たちが望まぬ妊娠の末に生まれた子どもを殺し、一斉に遺棄したのではないかと疑いたくなるような絶望の光景が映し出されている。

■シートの上に並べられ、変色した胎児たち
 まずカメラが捉えているのは、緑色のビニールシートを広げた大きな台の上に寝かされた多くの胎児たちの姿。少しも動かないため、すでに死んでいることが一目でわかる。
胎児の遺体は20体以上はあるだろうか。
その周りをアジア人らしき女性たちが取り囲み、何か作業をしている。
ほとんどの胎児の肌が灰色、くすんだ茶色、黒といった生気のない色をしており、弾力もなくぶよぶよとしているように見える。
どの胎児も取り上げられたばかりだったのか、とても小さい。
ほかの胎児より少し大きな胎児もいるが、成長して大きくなったというより、何かの病気で膨張したように見える。

■胎児を裸にし、洗う女性たち
 マスクや手袋をはめた女性たちは、胎児の体に巻かれた衣類や布切れを剥ぎ取っている。
土気色でされるがままの胎児たちは、まるで粘土で作られた人形のようだ。
すると、布を剥ぎ取られて裸になった胎児に、1人の女性が洗剤のようなボトルから白い液体を出すと塗りつけた。
お腹や手足に優しい手つきで塗っている。
男性が奥から出てきて水をかけ、すすいでいるところをみると、洗浄しているのだろう。
胎児は1列に並べられているのだが、その隣にもう1列、胎児とも内臓ともつかない肉の塊のようなものも並んでいる。
体が形成される前の胎児なのか、それとも胎盤なのか、赤黒くドロリとしており、洗浄のしようがないのだろう。
taiji2
 並べられた胎児の遺体は、すべて埋立地や道端に捨てられたり、池に浮かんでいたもとのこと。
動画が投稿された「Best Gore」には、恐らく現場はタイであろうという説明が付与されている。
もしもそれが正しいならば、タイは妊娠中絶が基本的に違法とされている国だ。
希望しない妊娠をしてしまった後やそのまま生んでしまった後、母親が自らの手で殺し、処分してしまったという可能性もある。
もしかすると、胎児が頻繁に遺棄される場所が発見されたのだろうか。
しかしどんな経緯があったにしろ、これほど多くの子どもたちの無残な遺体を目にすると、深い悲しみとともに絶望を感じずにはいられない。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20199/23

【閲覧注意】抗議の焼身自殺に失敗した夫婦の悲惨すぎる姿!

インド北部ウッタル・プラデーシュ州の都市マトゥラーにある警察署の前で、ジョジェンドラ・シンさん(40)とその妻チャンドラ・ヴァティさんが焼身…

【閲覧注意】農家が気絶した「エグすぎる人面牛」が誕生!

 YouTubeに公開された動画には、ぐったりと横たわった奇形の牛が映っている。その顔は人間そっくりで、虚ろな表情である。英紙「Mirror…

20199/20

【閲覧注意】娘をかばって無数のひょうに打たれた美人母の姿がヤバすぎる!

「とても怖かったですが、恐れている時間はありませんでした……。すべてが一瞬のうちに起こったのです」とABCに話すフィオナさんは当時、車の後部…

20199/19

【閲覧注意】洪水に巻き込まれた17歳美女JKが“突然消滅”!

メキシコ北西部にあるシナロア州の都市クリアカンで17歳の女子高生、アレハンドラ・テラサス・デル・ヴァルさんが豪雨による洪水に流されて死亡した…

【閲覧注意】世界最大「110kgの腫瘍」が悲惨すぎて目を疑うレベル!

手術の37年前に誕生したヤンさんは、右腰の上あたりに濃い痣があった。その痣は12歳の頃には拳大の腫瘍となったため、切除手術を受けたが、すぐに…

ページ上部へ戻る