【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 21現在の記事:
  • 48今日の訪問者数:
  • 129今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】飛び散る血痕、転がる死体……!! ロシアに空爆されたシリアの街が悲惨すぎる!

9月30日、シリア領土への空爆を開始したロシア。10月9日にはロシア国防省が過激派組織「イスラム国」の指揮官や戦闘員約300人を殺害したと発表、国際的に注目を集めた。しかしその後、戦果の裏付けがなく、ほかの勢力の支配地域を攻撃した可能性が指摘され、さらにロシア軍機がトルコ領空を侵犯していた事実も判明。米国やNATOが相次いで非難するという事態に発展している。
 そのような中、ロシア国営メディア「ロシア・トゥデイ」によって衝撃的な映像が公開された。映っているのは、ロシアによる空爆の援護を受けたアサド政権(シリア政府軍)が奪還を果たした、ハマー県の街の様子だという。なお、シリア政府軍が奪還するまで街を支配していた“過激派組織”が、「イスラム国」だったのか、それともほかの勢力だったのかという点は一切明かされていない。
 樹木の少ない、乾燥した街並み。取材陣と軍人だろうか? 迷彩服の男たちが、扉の開け放たれた建物へと足を踏み入れる。すると内部で待っていたのは、めちゃくちゃに散乱した部屋と壁に広がる血痕、そして銃で頭を撃ち抜かれミイラ化した(一部が燃やされている?)遺体の数々だった――。
 動画の解説によると、ある日突然この街に侵攻してきた過激派組織は、やって来るなり多数の住民を殺害しはじめたという。丘の上に位置するこの街の地理的条件が、戦略上重要だったようだ。地元住民は、その時を次のように振り返る。
「市民から軍人まで、多くの人が死にました。正確な人数も把握できないほどです」
「でも今は、ありがたいことに政府軍が助けに来てくれた」

 カメラが捉えた遺体が、過激派組織に殺された地元住民なのか、それとも過激派組織の戦闘員なのか、本当のところは不明だ。動画の撮影者がロシア国営メディアであることを考えると、今回の空爆と内戦への介入を正当化する意図が込められている可能性もあり、解説を鵜呑みにすることはできない。しかし、どのような経緯があったにせよ、この街で多くの人間が戦闘によって命を落としたことは事実のようだ。
 内戦が5年目に突入したシリアでは、政府軍と反政府軍、そして「イスラム国(IS)」やクルド人勢力らによる三つ巴・四つ巴の戦闘が繰り広げられてきた。さらに現在、周辺国や欧米、ロシアの軍事行動までもが加わり、状況は泥沼化の様相を呈している。内戦の終結につながるどころか、シリアの人々をより一層苦しめることとなり、新たな難民が生まれる可能性も高い。国際社会には、問題の収束に向けて協調して行動することが求められている。

衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみお楽しみください。


TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る