【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 22現在の記事:
  • 69今日の訪問者数:
  • 109今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

201510/26

【超・閲覧注意】馬に引きずられて死んだ9歳の少年=ブラジル

9歳の男の子が馬に引きずられて死ぬ悲惨な事故が、リオデジャネイロのボンスセッソ近隣で起きた。

■突然、馬が何かに驚き猛スピードで走り出す
 少年は馬に乗ろうと思ったのかもしれない。自分にロープを巻き付け、もう一方の端を馬に結んだ。するとその時突然、馬が何かに驚き猛スピードで走り出してしまったのだ。
 目撃者によれば気の毒な男の子は、馬が止まるまでデコボコ道を少なくとも数百メートルを引きずられた。その結果、洋服は剥げ落ちて裸となり、毛髪や頭皮も無残に削り取られてしまった。このような状態でも男の子は助けられた時にはまだ生きていたが、その後運ばれた病院で亡くなったと言う。

 馬は人間にとって身近で、賢い動物というイメージがある。しかし馬は時速60キロもの速さで走れる上、体重は大きいもので1トン(体重50キロの女性の20人分)にもなる。
 そして馬の性質だが、一言で言えば「臆病」だそうだ。とても敏感で耳が良いので、物音には特に神経質で、人間には理解できない些細な事で急に怯えることも多いと言う。例えばカラスが突然飛んできたり、犬が吠えたり、また風の音だけでも怖がる馬もいるらしい。また人間の大声や悲鳴にも過敏に反応し、パニック状態になることがあると言われている。
 人間を引きずったまま走っている馬も、きっと何かの理由でひどく怯えてしまったことが推察される。自動車はエンジンを切れるが、馬は生き物だけにいったんスイッチが入ってしまうと人間がすぐに止める事は不可能である。馬は凶暴ではないが、あくまでも「大型動物」だ。ペットの犬猫とは違うと言うことを知っておきたい。気の毒な少年に合掌。

非常にショッキングな画像を掲載しています。閲覧は自己責任でお願いします

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】世界最大「110kgの腫瘍」が悲惨すぎて目を疑うレベル!

手術の37年前に誕生したヤンさんは、右腰の上あたりに濃い痣があった。その痣は12歳の頃には拳大の腫瘍となったため、切除手術を受けたが、すぐに…

【閲覧注意】世界一怖い”オンナ通り魔”の決定的瞬間!

子供をターゲットにした凶悪な通り魔事件が先月27日、ジョージアの首都トビリシでも発生した。その衝撃的な瞬間をとらえた監視カメラの映像が海外の…

【閲覧注意】IQ160の天才連続殺人鬼ロドニー・アルカラが撮った120枚の激ヤバ写真!

ロドニー・アルカラは、1970年代に米国で強姦殺人をくり返したシリアルキラーである。IQ160の高い知能とハンサムな容姿に恵まれていた彼は、…

【閲覧注意】足8本、尻尾2本、耳4つの「モンスターキャット」誕生!

トルコ南中部の都市カラマンで生まれた猫の動画がネット上で話題となっている。この猫を撮影した動画を海外メディア「Worldstarhiphop…

経血のついた生理パンツを煮沸消毒!

写真には、コンセントにつながった電気ポットが写っており、ポットの中には黒のような茶色のような液体がなみなみと入っていた。これだけではなんの写…

ページ上部へ戻る