【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 27現在の記事:
  • 1今日の訪問者数:
  • 3今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】犬の首を切り、鮮血を飲み、不気味な笑みを浮かべる男=ベトナム

あまり知られていないが、犬を食べる文化は、朝鮮半島や中国のみならず東アジアや東南アジア、またオセアニアなど農業・農村的基盤を持つ社会において古くから存在してきた。かつては、日本でも習慣化していたと考えられている。これを主に欧米人が野蛮な行為として非難するのは、牧畜や狩猟を主たる生業としてきた彼らにとって、犬が重要なパートナーであったからに他ならない。

 さて、約9千万の人口を擁する東南アジアの大国・ベトナムにも、北部を中心に犬食文化が残存するが、犬肉業者の男が撮影したと思しき1本の動画が、いま世界に衝撃を与えている。早速、問題の動画をご覧いただこう。

衝撃の動画はコチラ

食用犬がいる檻の前に立つ、上半身裸の男。彼はそこから数匹の犬を取り出すと、刃物のようなもので一気に潰しにかかる。そして死んだ犬の血液を、桶のようなものに溜め込むのだった。彼は一体、なぜこんなことをしているのだろう?
動画は、その驚くべき理由までもしっかりと捉えていた。なんと男は、容器に集めた犬の血をゴクゴクと飲み始めるのだ。その口元は鮮血で真っ赤に染まり、うっすらと笑みさえ浮かべている。まるで一連の行為を楽しんでいるかのような「狂気」を感じ取ることができる、ショッキングな映像だ。

 先月28日、「LiveLeak」上でシェアされた本動画の解説によると、この犬肉業者の男は、毎日のように同行為に及んでいる模様だという。

「どうしてこんなことができるのか、本当に嫌な気分だ」
「この男は病気さ。気が狂っているよ。動物に近づけてはいけない」
「許せない。悪魔の所業だ」

 現在、動画には男を非難するコメントが多数寄せられているようだ。彼が本当に精神を病んでいるのかどうかは分からない。しかし、たとえ男が殺した動物が牛や豚などの家畜であったとしても、このように命を奪うことを楽しむような態度には、非難が集中することになっただろう。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る