【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 20現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 2今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】シリアの戦場が猫の餌場に!? 転がるテロリストの腐乱死体を貪る猫たち

人間は肉といえば牛、豚、鶏を主に食べ、ときには猪、鹿、鯨などの肉も食べる。もちろん、否定的な声もあり、ベジタリアンも存在するわけだが、大方の人間は生きるために肉を食べている。しかし、食べるというのは言うまでもなく、生物全体に必要不可欠な行為であり、当然のことながら人間のみに許されているわけではない。場合によっては、人間が食べられる側に回ることだってある…。

 13年5月、中国貴州省で62歳の男性が、放し飼いにしている犬2頭に襲われるという事件が発生。体のいたるところを噛まれた男性は、救急車で病院へと搬送されたが、残念ながら死亡が確認された。担当医によると、筋肉まで食いちぎられ、骨だけの箇所すらあったというが、そもそもなぜ、犬は男性を襲ったのか。答えは簡単。2頭の犬の飼い主の家族に病人が出てしまい、その看病に追われ、餌を与えていなかったのだ。理由が理由なだけに責めづらいところではあるが、襲われ死亡してしまった男性や遺族はたまったものではない。

 08年には、ルーマニアの西部で58歳の女性が自宅で死亡しているのが、警察官により発見された。事件や事故の可能性は見られず、自然死と考えられているのだが、それは後々の判断で、発見当時、警察官は酷く驚いたという。なぜならば、女性が飼う20匹以上の猫が女性の死体に群がり、頭からつま先まで夢中で食べていたからだ。近隣の住人によると、女性は無類の猫好きで、自身の時間の半分を猫の餌やりに費やしていたという。

 そして今年2月11日、猫が人間を食べる様子を収めた動画が、動画共有サイト「LiveLeak」上に公開された。場所は内戦が続くシリア。争いにより死亡したと思われる、顔がゾンビのようになったテロリストの、損傷が激しく中が見えてしまっている膝上を、猫が一生懸命食べている。また、すぐそばでは踝(くるぶし)より下だけになった腐敗する足を別の猫がつつく様子や、すでに死亡しハエが群がる男の近くをウロウロする猫なども映し出されている。シリアに猫が多いかどうかは不明だが、肉がそこかしこに転がる一帯は、猫にとって格好の餌場なのだろう。人間や犬に比べ、遥かに力が弱い猫にとって、死体は願ってもない餌なのかもしれない……。

※衝撃的な動画を掲載しています。
tero2

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

20198/3

【閲覧注意】とてつもなく残虐な「子ども殺人鬼」ワースト5! アナル電池、肝臓破裂、6歳の銃殺魔も… 凶暴性は生得か環境か?

 前回(第10~6位)に引き続き、今回は子供ながらに殺人犯となったケースのワースト5を紹介。 …

ページ上部へ戻る