【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 379現在の記事:
  • 7今日の訪問者数:
  • 86昨日の訪問者数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 141昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】男の耳の穴で暮らす「大量のゴキブリ家族」を摘出!! 25匹の子連れだった!=中国

いま世界のネットユーザーを震撼させている、問題の動画をご覧いただこう。

先月26日、中国メディア「人民网」などが報じたところによると、耳にゴキブリが巣食っていたのは広東省東莞(とうかん)市に暮らすリーさん(19)だ。ある夜、彼は耳に猛烈な痒みと痛みを覚えて病院へと駆け込んできた。そして診察に当たったヤン・ジン医師は、その耳を見て驚愕。なんと、外耳道が完全にゴキブリで塞がれてしまっていたのだ。
すぐに医師はピンセットを用いて慎重にゴキブリを抜き取ったが、事態はそれだけで収束しなかった。なんと、次から次へとゴキブリの子どもが25匹も発見されたというのだ。周囲の温度にもよるが、ゴキブリの卵は産みつけられてから孵化するまでに24~70日間を要する。つまり、少なくとも母ゴキブリは4週間近く前にリーさんの耳に侵入し、そこで産卵していたということになる。

 一説によると、ゴキブリは何も口にすることなく数カ月間を生き延び、核爆発下でも命をつなぐことができると言われるほど強い生命力の持ち主だ。ゴキブリ一家にとっては、リーさんの耳の中など、心地よい棲家以外の何ものでもなかった可能性がある。25匹の子どもたちは、すでに蚊ほどの大きさにまで成長していた模様。

「あと少しでも病院にやって来るのが遅れていたら、彼の耳はダメになっていたでしょう」(ヤン・ジン医師)

 医師の尽力によって、総勢26匹のゴキブリ一家はすべて取り除かれたようだが、それにしても、どうしてここまで気づかずに暮らすことができたのか? この種の映像が出現するたびに多くの人が抱くであろう謎は、いまも解明されないままとなっている。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/19

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女!

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女! 奇病「スティーブンス・ジョンソン症候群」との闘い=英 イングランド東部エセック…

20189/18

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊!

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊! “ヘビの鱗”に覆われた我が子のために… 母親の決断と葛藤=米 米・ウィスコンシン州スーペリ…

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える!

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える! 爪もあり“お漏らし”まで…切り離す手術へ=フィリピン …

20189/14

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい!

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい! 指で押すだけでダメージ… 脆く美しい“人体の秘境”を脳神経外科医が解説 …

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

ページ上部へ戻る