【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

adf

Count per Day

  • 60現在の記事:
  • 173今日の訪問者数:
  • 233今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】暴れる生贄、吹き出す鮮血……!! イラクの空港で行われたグロすぎる「願掛け」

「商売繁盛」、「合格祈願」、「厄祓い」……。世の中には、さまざまな“願掛け”がある。個々の信心深さとは関係なく、今や多くの人が行事として取り組んでいるのが実態だ。しかし、「所変われば願掛けも変わる」ということで、今回はイラクの空港で行われた「グロすぎる願掛け」の光景を収めた映像を紹介しよう。まずは、8月27日に動画共有サイト「LiveLeak」で公開された以下の映像をご覧いただきたい。
2015y09m05d_162914012
イラク・バグダッド空港に到着したばかりの旅客機と、周囲に群がる空港職員たち。ところがそこに、本来空港にいるはずのないヒツジが2匹運ばれてくる。すると男たちは、いきなりヒツジを地面に押さえつけ、鋭利な刃物で喉元を切り裂いた。暴れるヒツジの首からは、一気に鮮血が吹き出し、やがて血溜まりに。そして1人の空港職員が、その血を自らの手のひらに塗ると、旅客機のエンジン側面にペタリ! まだ塗装も済んでいない旅客機の真っ白いエンジンに、ヒツジの血で真っ赤な“手形”がつけられたのだった。

解説によると、この生贄(いけにえ)の儀式は、新しく導入された旅客機の安全を祈願する一種の“おまじない”すなわち願掛けだったようだが、詳細は不明。左右の主翼に2基のエンジンを搭載するジェット機のため、生贄のヒツジも2匹必要だったとのこと。

 世の空男(そらお)と空美(そらみ)さんも、さすがにこのような願掛けまで守備範囲としている人は少ないのではないだろうか? どのような考え方に基づき、ヒツジの鮮血で手形をつけるのか、その文化的背景を知る読者がいれば、ぜひとも教えていただきたい。

TOCANA

関連記事

20211/20

前を向いて生きる「顔のない男」

インドのジャンムー・カシミール州に住むラティフ・ハタナさん(32)は、巨大な皮膚のひだが顔面にぶら下がっているため、「顔の無い男」と呼ばれて…

20211/18

【閲覧注意】身体が“股から裂けた”女性の姿に戦慄!!

大型トラックとオートバイが衝突した事故現場が映し出される。道路脇には女性が仰向けに倒れている。彼女の股は大きく裂け、肉や骨がむき出しだ。一命…

【閲覧注意】ウクライナ21超えの14歳少年が出現!

ウクライナ・ドニプロペトロウシク州に住む若者2人が男性を拷問の末に殺害する様子を撮影したホームビデオは「ウクライナ21」と呼ばれる。2007…

【閲覧注意】ゾウに「じわじわ殺されている」人間が激撮される!!

インド・アッサム州カリムガンジで今月11日、茶畑にいた男性が野生のゾウに踏み潰されて死亡した。ゾウに襲撃されたラジュ・チャサさん(40)はす…

20211/3

全身が“石”になりゆく9歳少女が悲しすぎる!

インド・チャッティースガル州に住む少女、ラジェシュワリさん(9)は、体が“石”になっていく病気に苦しんでいる。顔を除いた全身が固い水ぶくれに…

ページ上部へ戻る