【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 26現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 2今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】継母に全身30カ所以上切り刻まれた5歳児!! 目を覆いたくなるほど凄惨な児童虐待=中国

 児童虐待は、日本のみならず世界的に蔓延する極めて卑劣な犯罪だ。
力の弱い幼児を執拗に痛めつけ、ときには死に至らしめる。たとえ保護されたとしても、肉体的な被害はもちろんのこと、子どもは精神的にも深い傷を負い、のちの成長に大きな影を落とすことになる。
そして今、中国で発生した目を覆いたくなるほど痛ましい児童虐待の写真と映像が公開され、各国のネットユーザーの間に戦慄が走っている。
hacked_thumb-thumb-228xauto-34015
衝撃的な写真と映像を掲載しています。苦手な方は文章のみお楽しみください。

 中国版ツイッターこと「Weibo(微博)」や現地メディアが伝えたところによると、今月9日、河南省安陽市の路上で全身から血を流している5歳の男の子が保護された。
頭や首、そして手など全身30カ所以上をナイフで切られ、パックリと開いた傷口。
なんと、鎖骨を切断するほど深い傷もあったという。

 すぐに病院へと搬送され、傷の縫合手術を受けた男の子。
現在は集中治療室(ICU)に収容されているが、予断を許さない状況にあるようだ。
すでに警察は捜査を開始しているが、彼をここまで傷つけた犯人は継母だった。
数年前からはじまった虐待は次第にエスカレート、結果としてこれほど凄惨な結果を招いてしまったと考えられている。
なお、一部の市民たちは男の子の治療費を集めるための募金活動を開始した模様。

 傷ついた男の子のショッキングな姿を見ると、恐怖とともに怒りが込み上げてくる読者も多いのではないだろうか。
児童虐待の根深い問題は、決して日本も他人ごとではない。
虐待が起きる背景について社会が一丸となって考え、それを元から断つ取り組みが求められている。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

20198/3

【閲覧注意】とてつもなく残虐な「子ども殺人鬼」ワースト5! アナル電池、肝臓破裂、6歳の銃殺魔も… 凶暴性は生得か環境か?

 前回(第10~6位)に引き続き、今回は子供ながらに殺人犯となったケースのワースト5を紹介。 …

ページ上部へ戻る