【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 54現在の記事:
  • 13今日の訪問者数:
  • 58今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】継母に全身30カ所以上切り刻まれた5歳児!! 目を覆いたくなるほど凄惨な児童虐待=中国

 児童虐待は、日本のみならず世界的に蔓延する極めて卑劣な犯罪だ。
力の弱い幼児を執拗に痛めつけ、ときには死に至らしめる。たとえ保護されたとしても、肉体的な被害はもちろんのこと、子どもは精神的にも深い傷を負い、のちの成長に大きな影を落とすことになる。
そして今、中国で発生した目を覆いたくなるほど痛ましい児童虐待の写真と映像が公開され、各国のネットユーザーの間に戦慄が走っている。
hacked_thumb-thumb-228xauto-34015
衝撃的な写真と映像を掲載しています。苦手な方は文章のみお楽しみください。

 中国版ツイッターこと「Weibo(微博)」や現地メディアが伝えたところによると、今月9日、河南省安陽市の路上で全身から血を流している5歳の男の子が保護された。
頭や首、そして手など全身30カ所以上をナイフで切られ、パックリと開いた傷口。
なんと、鎖骨を切断するほど深い傷もあったという。

 すぐに病院へと搬送され、傷の縫合手術を受けた男の子。
現在は集中治療室(ICU)に収容されているが、予断を許さない状況にあるようだ。
すでに警察は捜査を開始しているが、彼をここまで傷つけた犯人は継母だった。
数年前からはじまった虐待は次第にエスカレート、結果としてこれほど凄惨な結果を招いてしまったと考えられている。
なお、一部の市民たちは男の子の治療費を集めるための募金活動を開始した模様。

 傷ついた男の子のショッキングな姿を見ると、恐怖とともに怒りが込み上げてくる読者も多いのではないだろうか。
児童虐待の根深い問題は、決して日本も他人ごとではない。
虐待が起きる背景について社会が一丸となって考え、それを元から断つ取り組みが求められている。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】「人民寺院の集団自殺」封印画像をFBIが機密解除! 無数の腐乱死体、強烈な死臭漂う衝撃写真!

1978年11月18日は、ガイアナ北部に設立された「人民寺院(ジョーンズタウン)」で集団自殺が決行された日である。  人民寺院は195…

【閲覧注意】新型コロナの犠牲者、遺体と一緒に寝かされる患者たち… 自粛の気を緩めれば日本もこうなる、現状を知れ!

インド・マハーラーシュトラ州ムンバイにあるロックマンヤ・ティラック・ミュニシパル総合病院で撮影された動画は、地獄のような光景を映し出す。黒い…

【閲覧注意】イランの旅客機撃墜“直後の現場映像”が流出!

今月8日、イランの首都テヘラン近郊でウクライナ国際航空の旅客機752便が離陸直後に墜落し、乗員・乗客176人全員が死亡した。死者の中にはイラ…

【超・閲覧注意】米殺害イラン・ソレイマニ司令官の遺体画像流出! 焼け焦げバラバラ“ただの肉片”

米国防総省は今月3日、イランのイスラム革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを発表した。米軍はイラク・バグダッド空港でドローンを…

201912/19

【閲覧注意】最恐競技「エアリアルシルク」で美人選手が落下、脊髄損傷する決定的瞬間!

「国際空中演技選手権(IAAC)」は、ポールスポーツ、エアリアルシルク、エアリアルフープの3種目について、予選を突破したチームのみが参加でき…

ページ上部へ戻る