【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 35現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 2今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】“漂白剤風呂”で全身ボロボロになった女!!=オーストラリア

■漂白剤の入った風呂で湿疹が治る!? 医師の薦めた荒療治で大ヤケド

 オーストラリア・シドニーに住むサラ・コールさん。子を持つ母親でもある29歳の彼女は、同時にひどい湿疹に悩んでもいた。ある日、全身の湿疹について専門家のもとを訪ねたサラは、医師から「漂白剤を入れたお風呂に入ったほうがいい」とアドバイスされた。この漂白剤とはまさに、ふきんの消毒などに使用するあの漂白剤のことで、にわかには信じがたい方法だがアメリカなどではアトピー性皮膚炎や湿疹に悩む患者、特に子どもに対してよくすすめられている方法だそうだ。
2015y09m18d_151234955
 この“漂白剤療法”はアトピーや湿疹の原因のひとつであるバクテリアの殺菌を目的とし、皮膚科治療の現場ではそう珍しくないものなのだというから驚きである。サラはまさしくその湿疹に悩む患者の1人であり、また、ポピュラーな治療法であったため迷わず事に及んだ。浴槽に張った湯にカップ1杯の漂白剤を入れ、入浴したサラ。浴槽に浸かった時、わずかに全身に刺すような痛みを感じたという。
しかしそれからおよそ2日後……。全身の震えと歩行、会話が困難になっていたサラをみたパートナーのリッキーが救急車を要請。その時すでにサラの全身はひどいヤケドと水泡に覆われていたのだ。
「あの時私は、話すことも歩くこともできず、おかしくなったかのように震えはじめて、パートナーが救急車を呼んだおかげで目が覚めたときにはICUに運ばれていたの。2週間して、シドニーのコンコード病院にうつったのよ」(サラ・コールさん)
2015y09m18d_151203881
 パートナーのリッキーはそんな彼女を目の当たりにして、もうダメだと家を売ることも検討し、彼女の両親でさえもお葬式の準備を検討していたというから、よほどひどい状態だったことが伺える。
現在では退院し、前と変わらない生活を送っているサラ。しかし退院以来、いまだに事故後の心理的・感情的影響に苦しんでいるという彼女は、「恐ろしい傷跡は頭のてっぺんからつま先まであるのよ」と、たった1度の入浴ですっかり変わった自分と向き合い続けなければならない現実を訴えている。生まれ持った湿疹を治療しようと医師のもとを訪れ、勧められた方法で彼女自身がより苦しんでしまうなど、誰が想像しただろうか。

 現在はサラの友人らによって、医療費の継続的なサポートのためオンライン上の募金ページで資金調達が行われているというが、第二のサラを生まないために、もし、あなたやあなたの家族、知り合いに湿疹や皮膚炎で悩んでいる人がいれば、その治療法がどんなものであるかは確認しておきたいところだ。


TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

20198/3

【閲覧注意】とてつもなく残虐な「子ども殺人鬼」ワースト5! アナル電池、肝臓破裂、6歳の銃殺魔も… 凶暴性は生得か環境か?

 前回(第10~6位)に引き続き、今回は子供ながらに殺人犯となったケースのワースト5を紹介。 …

ページ上部へ戻る