【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 17現在の記事:
  • 9今日の訪問者数:
  • 9今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】ラクダの食肉処理風景が地獄すぎて震えが止まらない!!

日本ではあまり馴染みがないものの、イスラム圏でラクダは食用としても重宝されている。乾燥した砂漠地帯において人や荷物を運び、栄養価の高い乳を出し、年老いたものは皮や毛を剥ぎとって食肉となる――。古くから続くこのようなラクダ利用だが、食料や水の少ない乾燥した大地における貴重な資源として、少しも無駄にすることはできないという背景もあるのだろう。

 もっとも現代においては、あらかじめ荷役用と食用に分けられている場合も多いようだ。また、近年ラクダ肉は欧米でも人気の食材となりつつあるというが、その食肉処理風景が非常に衝撃的であるとして現在話題になっている。まずは、今月24日に「LiveLeak」上で公開されたラクダの食肉処理工場の映像をご覧いただこう。
camels_thumb-thumb-228xauto-34360
ナイフを持ったエプロン姿の男性、そして部屋に集められた多数のラクダたち。すると男性は、手際よくナイフでその首もとを切り裂いていく。スパッと裂けてしまった首の付根からは一気に血が吹き出し、ラクダはまるで転ぶかのように崩れ落ちる。痙攣を起こしているのだろうか、倒れたラクダの多くは足を激しくバタつかせているようだ。彼らは一切抵抗する様子もなく、自らの運命を受け入れているように見えるが、生き残っている者同士で固まっているのは、やはり恐怖に怯えている証拠だろうか。やがて、床はラクダの死体と血の海で覆い尽くされた。

 さて、今回の食肉処理方法は、イスラム教の厳しい戒律「ハラール」に則したものである可能性が高い。イスラム教徒は、口にすることを禁じられている食材(ハラーム)以外であっても、正規の手順に従って処理された食材(ハラール)でなければ食べられない。特に食肉に関しては、必ずムスリムが、神(アッラー)の名を唱えながら喉のあたり(口峡と食道)を鋭利なナイフで一気に切断して殺したものでなければならないのだ。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

20198/3

【閲覧注意】とてつもなく残虐な「子ども殺人鬼」ワースト5! アナル電池、肝臓破裂、6歳の銃殺魔も… 凶暴性は生得か環境か?

 前回(第10~6位)に引き続き、今回は子供ながらに殺人犯となったケースのワースト5を紹介。 …

ページ上部へ戻る