【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 68現在の記事:
  • 26今日の訪問者数:
  • 50今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

電話泥棒(未確定)を市民が集団リンチ! ズボン脱がし、ハサミで切り裂き…=ペルー

ペルーのアンデス山中など警察の目が行き届かない僻地では、自衛のために住民が泥棒や不審者を自力で捕まえ、吊るし上げて晒したり、寄って集って暴行したり、といったリンチ(私刑)が依然として根強く残っている。
 だが、今回紹介するニュースは、警察署も裁判所もある大都市においてもまだ、そのような前時代的な悲劇が起きたというものだ。

■大都市で警備員がいる中繰り広げられたリンチ
 場所はインカ帝国の時代から栄え、街がユネスコ世界遺産にも指定されている人口100万人を擁するペルー第二の都市アレキパ。日本でいうと京都のような歴史ある大都市だ。事件はこのアレキパ市内にある何の変哲もない市場で起きた。

8月22日の朝、この市場に店を構える商店主が「携帯電話泥棒を捕まえた!」と中年の男女を捕らえたところから始まる。この時に駆けつけた野次馬がスマートフォンで撮影した動画が発端となりこの事件が明らかとなった。

 この動画を見れば状況は一目瞭然。周囲には市場の私設警備員を始め、様々な商店主や売り子、野次馬が容疑者と思われる男女を取り囲むように人垣を作っており、ズボンを脱がされてパンツ姿の容疑者とされる男性が、被害にあった商店主に棒で叩かれ、そしてその奥には同じく容疑者とされる女性が衣服をハサミで切り裂かれて下着姿を晒されている。その間、被害者側からはしきりに「盗んだものはどこに隠した!」というような詰問が続く。

もちろん、まだこの段階ではこの容疑者二名が本当の犯人であるかどうかも不明であり、被害者が容疑者を勝手に裁く権利もないが、周囲の警備員や野次馬がむしろそれを煽るように罵声を浴びせたりしている様子からも、彼等が日常的にスリや泥棒に遭っている鬱憤を容疑者にぶつけているような心情が垣間見れる。
新聞記事によると、このあと容疑者とされる二名は警察に保護され、正式に捜査が行われることになった、とされているが、実はこの事件のように都市部でのリンチも依然として日常的に行われていると考えられている。

■リンチの背景に未熟な司法制度
 その理由は、まず司法が信用されていないことだろう。もし泥棒を捕まえて警察に引き渡しても、少々の罰金と数日程度の収監で再び自由になるというケースが多く、個人の商店経営者にとっては「犯罪者が大手を振って街を歩いている」という状況が不満の種だ。
 また警察もスリや窃盗程度は日常茶飯事で軽く済まされるため、積もり積もった商店主らが「俺が裁く」と拳を振り上げる結果になったのも理解に難くない。日本でも万引きにキレた書店が万引き犯の写真を晒したりするような心情が、ここペルーでは暴力を伴った形で受容されていると考えれば理解しやすい。

TOCANA

関連記事

道端に捨てられたアルビノの赤ちゃんが悲惨すぎる!

アフリカでは、アルビノに対する差別や偏見が根強く、迷信とも相まって「アルビノ狩り」も横行している。 アルビノの身体を呪術に用いることで幸運…

【閲覧注意】「新型コロナ感染者の肺」の見た目がヤバすぎる!

米イリノイ州シカゴにあるノースウェスタン記念病院は先月、新型コロナウイルスに感染した患者への肺移植を米国で初めて実施したと発表した。 …

20207/6

【閲覧注意】タリバンによる「石打ち刑」の残酷すぎる映像流出!

身動きを取れなくした罪人に大勢の者たちが石を投げつける処刑法が「石打ち刑」である。罪人は即死しないため、死に至るまでの苦痛が長いといわれる。…

20207/2

【閲覧注意】交通事故で“真っ二つ”になっても死にきれない男が悲惨すぎる!

男性がうつぶせに倒れている。切断された上半身と下半身、断面からあふれ出た臓物、アスファルトを真っ赤に染める血――。彼は即死したに違いない。そ…

【閲覧注意】6人が死傷した英テロ現場の最恐映像流出!

今月20日午後7時ごろ、イングランド南部バークシャー・レディングにある公園で刃物を持った男が周囲の人々を襲撃し、3人が死亡し、3人が重傷を負…

ページ上部へ戻る