【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 1現在の記事:
  • 54今日の訪問者数:
  • 120今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20159/14

【閲覧注意】米・テレビ生放送中の銃撃事件、容疑者は犯行の瞬間を自ら撮影していた!!

米国バージニア州で今月26日朝、地元放送局「WDBJ」の女性記者アリソン・パーカー氏(24)と男性カメラマンのアダム・ワード氏(27)が、生放送中に至近距離から男に銃撃され、2人とも死亡するという事件が起きた。

 事件は、同州中央部モネータ郊外の観光地スミス・マウンテン湖畔にあるショッピングモールで、地元商工会議所の女性職員へのインタビュー中に発生。惨劇の瞬間がそのまま放送されてしまったこともあり、全米中に衝撃が広がっている。

容疑者の男は、元同局リポーターのベスター・フラナガン容疑者(41)。言動を問題視され、2年前に解雇されていた。犯行後は大手放送局「ABC」に声明を送付、今年6月にサウスカロライナ州の教会で白人の男が銃を乱射し、黒人9人が犠牲となった事件への報復行為であった可能性も指摘されている。なお、容疑者は犯行現場から車で逃走したが、警察による追跡を受けて銃で自殺した。

 しかし逃走中、フラナガン容疑者は自身のFacebookやTwitterで、自らが撮影した銃撃の瞬間を収めた動画を公開しており、現在それを見たネットユーザーたちの間に戦慄が走っているのだ。それでは、男が投稿した問題の映像をご覧いただこう。

各報道によると、犠牲となったTVクルーはそれぞれが交際相手と婚約中だったという。若くして亡くなった2人のことを思うと息が詰まりそうになるが、人種対立や銃規制など、米国が抱えるさまざまな社会問題を改めて考えさせられる事件だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201811/20

【閲覧注意】鎮火直後の山火事現場が“この世の地獄”だった! 生きながら焼かれ、炭になった人間があちこちに…=米

米カリフォルニア州で今月8日から続いている山火事では、すでに死者が79人、行方不明者が1276人に達した。ドナルド・トランプ大統領は17日、…

201811/19

【閲覧注意】ぱっくり裂けた胸から肺が露出、呼吸のたびに伸び縮み…! 交通事故用語「重傷者」は、ここまで酷い場合がある!

インドかパキスタンで撮影されたと思われるこの動画で、まず目に飛び込んでくるのは黒山の人だかり。彼らは、事故現場で車の中に閉じ込められている人…

【閲覧注意】集団で生贄を“八つ裂き”にするヒンドゥー教の祭「ダサイン」がヤバい!

【閲覧注意】集団で生贄を“八つ裂き”にするヒンドゥー教の祭「ダサイン」がヤバい! 臓物ドボドボに狂喜乱舞… 圧倒的パワーの是非  ヒン…

201811/13

【閲覧注意】彼氏に「唇を完全に食いちぎられた」18歳美女が悲惨すぎる!

米・サウスカロライナ州の都市シンプソンビルで昨年10月21日、ケイラ・ヘイズさん(19)はかつてのボーイフレンド、セス・アーロン・フルーリ(…

【閲覧注意だがエピソードが味わい深い】“鼻呼吸をするため”頭にナイフを刺した男がヤバい!

 ロシア・ロストフ州の町ドネツクで撮影された奇妙な映像がネット上で話題となっている。頭に8インチ(約20センチ)のキッチンナイフが刺さったロ…

ページ上部へ戻る