【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 26現在の記事:
  • 21今日の訪問者数:
  • 25今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20163/29

【超・閲覧注意】強盗、生きたまま焼き殺されるまで ― 道路での公開処刑=ベネズエラ

南アメリカ北部に位置するベネズエラ。正式名称をベネズエラ・ボリバル共和国という、原油埋蔵量が世界一の国である。しかし国民の多くが貧困層に属しており、その犯罪率も非常に高く、世界で一番治安の悪い国のひとつと言われている。そんなベネズエラで、生きたまま男が焼かれ死亡する映像が、動画共有サイト「LiveLeak」に公開された。

 動画は、帽子を被った男の頭にすでに火がついているところから始まっている。苦しそうにうめき声を上げる男だが、自ら火を消そうとはしない。道路に倒れこんでいた男はやがて身体を起こし、地面に座りこんだ状態になるのだが、着ているTシャツにも火がついていることがわかる。その後再び倒れこみ、起き上がったものの勢いよく道路に倒れこんでしまい動かなくなってしまう。動画は、動かなくなった男から煙が立ち上っているところを映しながら終わる…。
hikei
 この男は盗みを働いたことによって焼かれたらしいのだが、誰が火をつけたのかなどの詳細は不明だ。罪を罰するために火をつける行為は“火刑”にあたる。火刑とは、文字通り火で炙ることで相手を絶命させる処刑方法のこと。ヨーロッパで14世紀から17世紀ごろにかけて行われた“魔女狩り”の死刑方法として一番多く用いられたという。

 現在、火刑を公式な処刑方法として用いる国家は存在しない。しかし、2013年にパプアニューギニアでは、“魔術”を使ったとして女性が火刑によって公開処刑されるという事件が起こった。また、去年の5月にはグアテマラでは、タクシー運転手の殺害に関与したとして、若い女が集団リンチに合った後に火をつけられ殺されるという事件も起きている。

 おそらく、生きたまま焼かれる行為は人の生涯の中で最も大きい苦痛を伴うだろう。火刑の残虐なところは、見せしめとして“悲惨な死を遂げた”というメッセージを残すことができる点も上げられるのではないだろうか。

 この現代に、未だ火刑によって苦しみながら死を遂げる者たちがいるというのは、信じられないが紛れもない事実だ。公式な処刑方法ではないため、一体誰が判断しているのか? また、その判断に合理性はあるのだろうか? 一刻も早く、群衆による火刑がこの世から無くなることを祈りたい。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

【閲覧注意】人妻をレイプ未遂の有名サッカー選手、夫に惨殺される! ペニス切り取られ、首がもげそうに…

先月27日、ブラジル南部の都市クリチバ市郊外の雑木林で、サッカー選手の遺体が発見された。死亡したのはダニエル・コレア・フレイタスさん(24)…

【閲覧注意】男のアナルから“ぶっといキュウリ”を取り出す様子がエグすぎる! 医師たち大爆笑、「直腸異物」の手術現場

肛門から異物を挿入されて抜き取れなくなった状態を、医学用語では「直腸異物」という。その異物には、自慰や性行為で使われる大人のおもちゃが多いが…

ページ上部へ戻る