【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 50現在の記事:
  • 1今日の訪問者数:
  • 1今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】散乱する手足… 警察官である父親に惨殺され、バラバラ死体になった幼い兄妹=インドネシア

国民を守るため、市民が安心して暮らせるようになるために存在する“警察官”。罪を犯した者を捕まえ、更正させることが警察官の仕事であるにもかかわらず、警察官自身が罪を犯すこともある。日本国内でも、ストーカーや痴漢の犯人が実は警察官だったというニュースが報道されることは多々あるが、東南アジアのインドネシアでは、警察官が殺人を犯すという衝撃的な事件が発生。しかも、犠牲者となったのは警察官自身の子どもたちだった…。
3月9日、実際に起こった事件や事故を掲載している18禁のニュースサイト「Best Gore」にて、インドネシア警察官が起こした殺人事件の画像が公開された。画像には、子どもがふたりベッドに横たわっている様子が写っている。そしてまるで投げ捨てられたかのように、バラバラに切断された手や足がベッドの上に無造作に置かれている。よく見ると、子どもたちが横たわるベッドには大量の血が付着しており、このベッドの上で残忍な行為が行われたことがわかる。
 犯人はインドネシア警察官のペトリュス・バクーン准将。殺されたのは犯人の子どもである、5歳の男の子・ファビアンと彼の妹で3歳になるアモラだった。先月25日の深夜0時を少し過ぎた頃、犯人である父親のペトリュスは子どもたちが眠りについている寝室に入り、そこで2人を殺害。その後、死体となった彼らの手足をバラバラに切断したという。
衝撃的な画像を掲載しています。
barabara
 犯人の妻であり、同時に被害者の母親となってしまった女性は、この悲惨すぎる現実を受け止めることができていない。亡骸となってしまった自分の子どもたちを前にして、母は「どうかパパを許してあげて」と呟いていたという。
 我が子を殺害してバラバラに切断するという、信じたくないほどの残虐行為をなぜ犯してしまったのか。きっと恐ろしい動機があるに違いないが、それにもまして怖いのは、このような犯罪を起こした人物が警察官だったということだ。
TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る