【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 84現在の記事:
  • 82今日の訪問者数:
  • 118今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】散乱する手足… 警察官である父親に惨殺され、バラバラ死体になった幼い兄妹=インドネシア

国民を守るため、市民が安心して暮らせるようになるために存在する“警察官”。罪を犯した者を捕まえ、更正させることが警察官の仕事であるにもかかわらず、警察官自身が罪を犯すこともある。日本国内でも、ストーカーや痴漢の犯人が実は警察官だったというニュースが報道されることは多々あるが、東南アジアのインドネシアでは、警察官が殺人を犯すという衝撃的な事件が発生。しかも、犠牲者となったのは警察官自身の子どもたちだった…。
3月9日、実際に起こった事件や事故を掲載している18禁のニュースサイト「Best Gore」にて、インドネシア警察官が起こした殺人事件の画像が公開された。画像には、子どもがふたりベッドに横たわっている様子が写っている。そしてまるで投げ捨てられたかのように、バラバラに切断された手や足がベッドの上に無造作に置かれている。よく見ると、子どもたちが横たわるベッドには大量の血が付着しており、このベッドの上で残忍な行為が行われたことがわかる。
 犯人はインドネシア警察官のペトリュス・バクーン准将。殺されたのは犯人の子どもである、5歳の男の子・ファビアンと彼の妹で3歳になるアモラだった。先月25日の深夜0時を少し過ぎた頃、犯人である父親のペトリュスは子どもたちが眠りについている寝室に入り、そこで2人を殺害。その後、死体となった彼らの手足をバラバラに切断したという。
衝撃的な画像を掲載しています。
barabara
 犯人の妻であり、同時に被害者の母親となってしまった女性は、この悲惨すぎる現実を受け止めることができていない。亡骸となってしまった自分の子どもたちを前にして、母は「どうかパパを許してあげて」と呟いていたという。
 我が子を殺害してバラバラに切断するという、信じたくないほどの残虐行為をなぜ犯してしまったのか。きっと恐ろしい動機があるに違いないが、それにもまして怖いのは、このような犯罪を起こした人物が警察官だったということだ。
TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20198/21

【閲覧注意】ガソリンを盗もうとした100人が突然「焼死体の山」に…!

 タンザニアのウルグル山地麓に位置する都市モロゴロで今月10日、横転したタンクローリーが爆発する事故が起こった。燃料を盗もうとした88人が死…

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

ページ上部へ戻る