【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 60現在の記事:
  • 27今日の訪問者数:
  • 29今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】自爆テロ要員の青年、やっぱり怖くて涙が止まらない。そして出撃、自爆するまでの一部始終

9月18日、シリアで自爆テロが発生した。戦車に火薬を大量に積み込み、自爆するというもので、普段国際ニュースでよく聞くような攻撃であった。しかし、このケースではその攻撃に参加する犯人の様子を映した映像が存在していた。その映像には、自爆テロのために戦車に乗り込む青年の、涙が止まらない最後の姿がとらえられていた。

■こらえきれなかった感情
シリア北西部イドリブ県にあるフア村。ここは反政府軍がほぼ制圧したイドリブ県において、唯一政府軍が抵抗を続けているところである。
 ここにジャファル・アル・タイヤーという名を持つウズベキスタン人の青年がやってきた。まだひげを生え揃えることができないほどの若者であるが、彼はここでその短い人生を終えようとしていた。
 彼は、反政府武装組織「アル=ヌスラ戦線」に協力する、ウズベキスタン人によるスンニー派組織の「イマム・ブハーリー・ジャマート」に参加していた。アル=ヌスラ戦線はイスラム過激派「アルカイダ」の下部組織であり、自爆テロを多用するアルカイダの色を強く受けているのか、残っている政府軍への掃討作戦の一環として自爆テロ採用し、彼が実行することとなったのだ。
 戦車に乗り込む直前、彼は周りの大人たちと熱い抱擁を交わしている。これで今生の別れとなることは間違いないが、それでも爽やかに大人たちの見送りに応えるのであった。
 そして場面は変わり、彼は戦車に乗りこむと「神は偉大なり」と天を指差し、いよいよ出発のときを迎える。が、ついに緊張の糸が途切れてしまったのか、ここにきてとうとう感情を抑えることができなくなってしまい、涙が溢れ出てきてしまったのだ。
 周りの大人が、「怖れることはない。怖くなったら神様のことを思い出せ」と勇気づけても涙は止まらない。彼は「心配することだけが怖いんだ」と、涙ながらに話す。そしてまた天を指差し覚悟を決めた後、出発するのであった。

■実行される自爆テロ 終わらない戦い
 戦車が走り去りしばらくすると、彼方で爆発とともに巨大なきのこ雲が発生した。その瞬間はドローンでも撮影されており、周りに広がる衝撃波がその激しさを物語っている。この日、彼を含めて7人が自爆テロを起こしており、多大な被害が出たことは間違いないだろう。
 自爆テロは無差別に市街地を攻撃する狂気の沙汰であり、決して許されることではない。インターネット上ではいくつも自爆テロ直後の映像を見ることができるが、どれも目を覆いたくなるような惨状だ。しかし、それを起こす犯人はどんな「人でなし」かと思いきや、今回のように、普通の感情を持っていそうな青年であったりすると、われわれも複雑な気分にさせられる。
 9.11テロを引き起こしたとされるアルカイダと協力している反政府武装組織「自由シリア軍」を、米国が支援しているという、とんでもない状態となっているシリア。「敵の敵は味方」という論理で繰り広げられる戦闘が、また新たな火種を生んでいるであろうことは、これまでの歴史に鑑みて想像に難くない。
衝撃的な動画を掲載しています。
jibaku

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る