【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 19現在の記事:
  • 48今日の訪問者数:
  • 129今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

201510/21

「生き地獄だな」またインドでレイプ事件! “体内に”複数の傷を負った4歳の少女

先月11日、17歳の少女が27人の男に集団強姦され、うち6人が逮捕されたというインドで、またしても強姦事件が発生。しかも、被害者は少女ということで、日本からも悲痛の叫びが上がっている。
 インドの首都ニューデリー。世界最高のミナレット(礼拝時刻の告知を行う際に使われる塔)クトゥブ・ミナールや、世界一大きなヒンドゥー教寺院・アークシャルダーム寺院など歴史的な建造物があり、世界中から多くの観光客が訪れる同地だが、都市の闇とも言える貧困地区も存在する。
 同地区において今月9日、自宅付近で遊んでいた4歳の少女が行方不明となった。後に線路に放置されていたのを発見された少女は、体内(!)に複数のひどい傷を受けており、鋭利な刃物で傷つけられたと見られ、現在は集中治療を受けているとのこと。主犯格の25歳無職の男は逮捕されたものの、他にも事件に加わった複数の人物がいるとして、取り調べは続いている。
 なお、少女は性的暴行も受けていた。また、主犯格の男は事件現場にたびたび姿を現し、少女も顔を知っていたという。

同事件を受け、日本からは「死んでないところが余計に酷い」「生き地獄だな」「生きてるとか、逆に辛いよ」など、死に至らなかった少女を哀れむ声が上がっている。また、「(傷が)体内かよ」「体内にひどい傷って何? こねくり回したってこと?」という声も上がり、これに対し「わからないやつに教えておくけど、幼女をレイプするときは性器を斬り、広げる必要がある」「あそこ切り裂いたわけか。おっかねー」と解説する人も見られた。

 さらに、たびたび報道されるインドでの強姦事件もあり、「色んな狂気が入り交じってるな。最近はインド人見たら、性犯罪者としか思わなくなった」「もう国名レイプにしろよ」など、インド全体を非難する声も目立つ。
 幼女や10代の女性だけでなく、先月にはインドを観光中の46歳女性も、2人の男に性的暴行を受けたとして告訴している。また、2月には20歳の日本人女子学生が、ガイドを名乗る男に性的暴行を受けており、国や年齢に見境なく発生しているように思われる。ヨガ、映画、宗教、食べ物など、インドの魅力を求め、多くの日本人女性が旅するようだが、くれぐれも、裏の顔に注意していただきたい。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る