【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 65現在の記事:
  • 19今日の訪問者数:
  • 23今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

201711/16

【閲覧注意】自ら腹を切り裂き、腸を引きずり出した男の表情

「メタンフェタミン(methamphetamine)」は、中枢神経を興奮させて覚醒作用や疲労減少などをもたらす有機化合物である。日本における商品名は「ヒロポン」。依存性が強く、犯罪につながりやすい薬物なので、覚醒剤取締法が適用され、医療機関や研究機関での使用に限定される。

 しかし、闇市場では「シャブ」「エス」「スピード」などと呼ばれてメタンフェタミンが出回っている。摂取方法は、火で炙って煙にして吸引したり、静脈に注射したりするのが一般的だ。メタンフェタミン(覚醒剤)を摂取し続けた中毒者は、心身に重篤な障害を負う。急速な体重減少や肌の劣化、さらに皮膚の下を虫が這いまわる感覚に襲われる「蟻走感(ぎそうかん)」、唾液の減少によって虫歯などが進行する「メスマウス」……。そして覚醒剤は、こうした害をもたらすだけなく、ショッキングな事件も引き起こしている。

衝撃的な画像を掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20198/21

【閲覧注意】ガソリンを盗もうとした100人が突然「焼死体の山」に…!

 タンザニアのウルグル山地麓に位置する都市モロゴロで今月10日、横転したタンクローリーが爆発する事故が起こった。燃料を盗もうとした88人が死…

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

ページ上部へ戻る