【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 107現在の記事:
  • 72今日の訪問者数:
  • 112今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

201510/16

【警告】全裸になって街路樹とセックス、窓を叩き割って飛び降り!? 急激に広がる合成麻薬「フラッカ」がヤバすぎる!!

現在、欧米各国やオーストラリアで急速に蔓延する新種のドラッグがある。スペイン語で「美しい女性」を意味する「フラッカ」という名前だが、乱用者に表れる作用は真逆だ。前代未聞の恐ろしいドラッグの詳細とは――?

今年、複数の海外メディアによって頻繁に問題が指摘され始めた「フラッカ」。別名「グラベル(砂利)」、化学者の間では「アルファ – PVP」と呼ばれるこの合成麻薬の流入元は、中国であると考えられている。インターネットを通して注文を受けた中国の業者が、「研究用化学物質」などの名で平然と各国に空輸しているようだ。アメリカにおいて、1回の使用量であれば370円程度で入手可能と、従来のドラッグと比べて格段に安く取引されているという。しかし、専門家が「ドラッグというより『毒』である」と指摘するほど、その作用は凄まじいものだ。

まず、乱用者は体温が40度以上に上昇。全身オーバーヒートするかのような熱さを覚え、全裸になりたがる。さらに何者かに命を狙われているような幻覚に陥り、急激に怯え始める一方、極めて攻撃的になる。そして自らを神や悪魔のように感じ、街路樹とセックスしたり、地面でもがき回り絶叫、窓を叩き割ってベランダから飛び降りるなど、ありとあらゆる奇行に走る。アメリカでは、スタンガンがまったく効かない1人の乱用者を、警官4人がかりで抑制した例もあるようだ。しかも常習者は、この症状が2週間続き、最悪の場合は死に至るという。

すでに「フラッカ」は各国で違法薬物に指定され、日本でも逮捕者が出ている。しかし、その低価格によって世界の貧困層を中心に爆発的に広まり、取り締まりが追いついていない現状にある。アメリカでは、過去3年間でフラッカの乱用が780%増加したとの報告もあり、オバマ政権は米中協議の場で問題を取り上げたが、現在のところ状況は悪化する一方のようだ。

YouTube上には「フラッカ」乱用者の狂乱・変貌ぶりを捉えた多数の動画が公開されている。あなた自身や家族、そして大切な人を失わないために、これらの悲惨な姿をしっかりと目に焼きつけておこう。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】世界最大「110kgの腫瘍」が悲惨すぎて目を疑うレベル!

手術の37年前に誕生したヤンさんは、右腰の上あたりに濃い痣があった。その痣は12歳の頃には拳大の腫瘍となったため、切除手術を受けたが、すぐに…

【閲覧注意】世界一怖い”オンナ通り魔”の決定的瞬間!

子供をターゲットにした凶悪な通り魔事件が先月27日、ジョージアの首都トビリシでも発生した。その衝撃的な瞬間をとらえた監視カメラの映像が海外の…

【閲覧注意】IQ160の天才連続殺人鬼ロドニー・アルカラが撮った120枚の激ヤバ写真!

ロドニー・アルカラは、1970年代に米国で強姦殺人をくり返したシリアルキラーである。IQ160の高い知能とハンサムな容姿に恵まれていた彼は、…

【閲覧注意】足8本、尻尾2本、耳4つの「モンスターキャット」誕生!

トルコ南中部の都市カラマンで生まれた猫の動画がネット上で話題となっている。この猫を撮影した動画を海外メディア「Worldstarhiphop…

経血のついた生理パンツを煮沸消毒!

写真には、コンセントにつながった電気ポットが写っており、ポットの中には黒のような茶色のような液体がなみなみと入っていた。これだけではなんの写…

ページ上部へ戻る