【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 2563現在の記事:
  • 60今日の訪問者数:
  • 77昨日の訪問者数:
  • 112今日の閲覧数:
  • 161昨日の閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

201510/16

【警告】全裸になって街路樹とセックス、窓を叩き割って飛び降り!? 急激に広がる合成麻薬「フラッカ」がヤバすぎる!!

現在、欧米各国やオーストラリアで急速に蔓延する新種のドラッグがある。スペイン語で「美しい女性」を意味する「フラッカ」という名前だが、乱用者に表れる作用は真逆だ。前代未聞の恐ろしいドラッグの詳細とは――?

今年、複数の海外メディアによって頻繁に問題が指摘され始めた「フラッカ」。別名「グラベル(砂利)」、化学者の間では「アルファ – PVP」と呼ばれるこの合成麻薬の流入元は、中国であると考えられている。インターネットを通して注文を受けた中国の業者が、「研究用化学物質」などの名で平然と各国に空輸しているようだ。アメリカにおいて、1回の使用量であれば370円程度で入手可能と、従来のドラッグと比べて格段に安く取引されているという。しかし、専門家が「ドラッグというより『毒』である」と指摘するほど、その作用は凄まじいものだ。

まず、乱用者は体温が40度以上に上昇。全身オーバーヒートするかのような熱さを覚え、全裸になりたがる。さらに何者かに命を狙われているような幻覚に陥り、急激に怯え始める一方、極めて攻撃的になる。そして自らを神や悪魔のように感じ、街路樹とセックスしたり、地面でもがき回り絶叫、窓を叩き割ってベランダから飛び降りるなど、ありとあらゆる奇行に走る。アメリカでは、スタンガンがまったく効かない1人の乱用者を、警官4人がかりで抑制した例もあるようだ。しかも常習者は、この症状が2週間続き、最悪の場合は死に至るという。

すでに「フラッカ」は各国で違法薬物に指定され、日本でも逮捕者が出ている。しかし、その低価格によって世界の貧困層を中心に爆発的に広まり、取り締まりが追いついていない現状にある。アメリカでは、過去3年間でフラッカの乱用が780%増加したとの報告もあり、オバマ政権は米中協議の場で問題を取り上げたが、現在のところ状況は悪化する一方のようだ。

YouTube上には「フラッカ」乱用者の狂乱・変貌ぶりを捉えた多数の動画が公開されている。あなた自身や家族、そして大切な人を失わないために、これらの悲惨な姿をしっかりと目に焼きつけておこう。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/19

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女!

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女! 奇病「スティーブンス・ジョンソン症候群」との闘い=英 イングランド東部エセック…

20189/18

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊!

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊! “ヘビの鱗”に覆われた我が子のために… 母親の決断と葛藤=米 米・ウィスコンシン州スーペリ…

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える!

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える! 爪もあり“お漏らし”まで…切り離す手術へ=フィリピン …

20189/14

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい!

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい! 指で押すだけでダメージ… 脆く美しい“人体の秘境”を脳神経外科医が解説 …

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

ページ上部へ戻る