【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 49現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 2今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

201510/15

それでも人間は生きている — 恐怖の貫通事故と人体の奇跡=中国

中国、西安市に建設現場で働く47歳の李徳化さんは、作業中に誤って6メートルほど転落し、下にあったむき出しの鉄筋棒に突き刺さってしまった。鉄筋棒は、下あごの左から入り頭頂部へ突き抜けたが、偶然にも脳の重要な部分を避けて貫通していることが、手術中に判明し、一命を取り留めることになった。

 救急搬送された際に医師は、生存の可能性は極めて低いと家族に伝えることとなったが、貫通した鉄筋棒を取り除く手術を始めるとその鉄筋棒が奇跡的に脳の主要部分を避けて頭を貫いていたこと判明した。

 手術後、本人は「突き刺さった時には痛みを感じずに、シャットダウンしたような感覚だった」、「搬送される際に初めて、強烈な痛みを感じた」、「その後は手術に入ったため、何も覚えていない」などとい軽いコメントを残しているが、事故写真などから想像するに、奇跡的な偶然が重なり合っての生存としか考えられない。しかも、事故18日後には自分の足で歩くことができるようになり、今後ほぼ体の機能のすべてを取り戻すことができると推測されていることには驚かせられる。

事故がおこったときには、安全のためにヘルメットをかぶっていたが、それが全く役に立たなかったことなどを考えると、人間の生死は安全対策よりも運に左右されているような気がしてならない。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】死んだ老婆の部屋の監視カメラが捉えた恐ろしい光景! 鬼畜家政婦の信じられない凶行

中国江蘇省リツ陽市で今月2日、女性家政婦が介護中の高齢女性を窒息死させる事件が起こった。事件の一部始終をとらえた防犯カメラの映像が海外の過激…

【閲覧注意】「人民寺院の集団自殺」封印画像をFBIが機密解除! 無数の腐乱死体、強烈な死臭漂う衝撃写真!

1978年11月18日は、ガイアナ北部に設立された「人民寺院(ジョーンズタウン)」で集団自殺が決行された日である。  人民寺院は195…

【閲覧注意】新型コロナの犠牲者、遺体と一緒に寝かされる患者たち… 自粛の気を緩めれば日本もこうなる、現状を知れ!

インド・マハーラーシュトラ州ムンバイにあるロックマンヤ・ティラック・ミュニシパル総合病院で撮影された動画は、地獄のような光景を映し出す。黒い…

【閲覧注意】イランの旅客機撃墜“直後の現場映像”が流出!

今月8日、イランの首都テヘラン近郊でウクライナ国際航空の旅客機752便が離陸直後に墜落し、乗員・乗客176人全員が死亡した。死者の中にはイラ…

【超・閲覧注意】米殺害イラン・ソレイマニ司令官の遺体画像流出! 焼け焦げバラバラ“ただの肉片”

米国防総省は今月3日、イランのイスラム革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを発表した。米軍はイラク・バグダッド空港でドローンを…

ページ上部へ戻る