【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 713現在の記事:
  • 39今日の訪問者数:
  • 71今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20161/25

【閲覧注意】47人処刑・サウジの残虐さは「イスラム国」と同じ!? 「石打ち刑」と「斬首刑」のヤバすぎる実態

1月2日、中東からショッキングなニュースが飛び込んできた。サウジアラビアが、同国内でのテロに関与したとして過去数十年間で最多となる47人の死刑を一度に執行し、そこにサウジアラビア王室に批判的だったイスラム教シーア派の高位指導者・ニムル師が含まれていたのだ。これをきっかけにシーア派が国民の多数を占めるバーレーンやレバノン、そしてイランでは大規模な抗議行動が展開され、各国間の宗派間対立が激化。特にサウジアラビアとイランの関係悪化は深刻で、もはや「中東は一触即発の危機にある」との指摘もあるほどだ。2016年を迎えてわずか数日、今年こそ平和で穏やかな世界をという人々の願いは、早くも打ち砕かれたかたちとなった。

 ところで死刑と一口に言っても、実はサウジアラビアで行われる処刑は、世界各国から人権侵害と非難される極めて厳しいものだ。人口当たりの死刑執行数は世界最多、同性愛や婚前性交渉などの「不道徳な行為」にも適用され、未成年者でも容赦ない。さらに名誉殺人(私刑)は合法であり、司法当局が把握していない死刑も横行しているという。

 そして驚くべきは、その死刑執行方法だ。クレーンで吊るす「絞首刑」や剣による「斬首刑」、そして(法定刑罰ではないものの)「石打ち刑」など、まるで中世かと見紛うような処刑が世襲の死刑執行人の手により(場合によっては)公開で執り行われている。今回はそのなかでも特にショッキングな「石打ち刑」と「斬首刑」がどのように実施されるのか、動画共有サイト「LiveLeak」に公開された映像とともに解説しよう。
■あらゆる処刑の中でもっとも痛い……「石打ち刑」

 イスラム法では「ラジム」と呼ばれる「石打ち刑」。不倫などの罪を犯した者に科されるが、男性は「相手に誘惑された」などの言い逃れが可能であるため、この手法で処刑されるのは女性が圧倒的に多い。現在でも行われている国は、サウジアラビア以外にイラン、アフガニスタン、イエメン、パキスタンなど。ここで取り上げる映像は、昨年イエメンで執行された「石打ち刑」の光景だ。
衝撃的な動画を掲載しています。
2016y01m25d_223711078
荒涼とした大地に掘られた大きな穴と、その中に入れられた19歳の女性。周りをぐるりと取り囲んだ男たちは、女性の頭めがけて彼女が死ぬまで石を投げ続ける――。あらゆる処刑の中でもっとも苦痛が大きいとされるこの「石打ち刑」。処刑される側は、痛みと恐怖、そして無念の中で息絶えることになる。

■非公開裁判で魔術師認定されて……「斬首刑」
 古来より世界各地で行われてきた斬首刑だが、現在も制度として斬首刑が残されているのは、サウジアラビアをはじめとする一部のイスラム教国家に限られている。この処刑が、特に公開で行われる場合には「見せしめ」としての要素が強い。以下に紹介する映像は、2011年にサウジアラビアで執行された「斬首刑」の光景だ。
2016y01m25d_223936619
昼下がりの駐車場。群衆や警官たちが見守る中、画面中央で跪く男――と次の瞬間、その首めがけて剣が一気に振り下ろされた。地面に転がる首と、崩れ落ちるように倒れた胴体。すべてが一瞬の出来事だった。動画の解説によると、この男は非公開の裁判で“魔術を使った罪”に問われ、斬首刑を言い渡されたという。
2016y01m25d_223950502
さて、今月2日に執行された47人の処刑について、イギリスのジャーナリストであるロバート・フィスク氏は「テロ組織『イスラム国(IS)』が行っている処刑とさほど違いがない」「サウジが処刑の様子を収めた画像を公開すれば、その処刑方法はISが行っている処刑とそれほど違っていないだろう」と語っているようだ。「イスラム国」の残虐性ばかりに注目が集まるが、それと同様の処刑を、制度として日々淡々と執行している国家があることも忘れてはいけないだろう。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】イランの旅客機撃墜“直後の現場映像”が流出!

今月8日、イランの首都テヘラン近郊でウクライナ国際航空の旅客機752便が離陸直後に墜落し、乗員・乗客176人全員が死亡した。死者の中にはイラ…

【超・閲覧注意】米殺害イラン・ソレイマニ司令官の遺体画像流出! 焼け焦げバラバラ“ただの肉片”

米国防総省は今月3日、イランのイスラム革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを発表した。米軍はイラク・バグダッド空港でドローンを…

201912/19

【閲覧注意】最恐競技「エアリアルシルク」で美人選手が落下、脊髄損傷する決定的瞬間!

「国際空中演技選手権(IAAC)」は、ポールスポーツ、エアリアルシルク、エアリアルフープの3種目について、予選を突破したチームのみが参加でき…

201911/24

【閲覧注意】最凶にヤバイ「女教師の暴力動画」が拡散! 15歳生徒をボコボコ…

米テキサス州ヘイズ郡カイルにあるリーマン高校で、32歳の女性教諭ティファニー・シャデル・ランクフォードがスペイン語クラスで女子生徒に暴力を振…

【閲覧注意】ほぼ100%死に近い「半死人の男」のヤバい姿

監視カメラの映像には、エレベーターに乗り込む男性の後姿が映っているが、妙な違和感が――。それもそのはず、彼の後頭部にはナイフが突き刺さってい…

ページ上部へ戻る