【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 6現在の記事:
  • 27今日の訪問者数:
  • 33今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20161/31

【超・閲覧注意】ホバーボードで転倒して頭がぱっくり割れた女! むき出しになった頭蓋骨に戦慄

1989年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に、未来のスケートボードとして登場するホバーボード。現在は、映画のように地面から浮くホバーボードは発売に至ってはいないが、手放し立ち乗りで体重移動により操縦する二輪型のホバーボードが発売され、世界的に流行している。しかし、乗り方に気をつけないと大きな事故につながるというニュースが届いた。
 アメリカ・テキサス州に住む、レイチェル・エリスさんは先月28日、衝撃的な画像をFacebookにアップした。それは、大きく割れた頭から覗く白い頭蓋骨の画像。なんでも、ホバーボードに乗っている際に誤って転倒したらしく、眉毛の上からつむじ辺りまでがパックリと開いてしまったのだ。
 レイチェルさんは「あなたが見ているのは私の頭蓋骨よ」とのコメントとともに、「この画像をシェアして、あなたの友人、家族、子どもに気をつけるよう喚起しなさい」と警告している。クリスマス以降、レイチェルさんが手術をした病院には、ホバーボードが原因で怪我をした人が6人訪れたという。
 ホバーボードによる事故は他にも発生している。昨年11月には、ロンドンで15歳の少年がホバーボードで走行中に転倒し、バスにひかれて死亡。また、ホバーボードが突然燃え出すという原因不明の発火が何件も報告され、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空といった大手航空会社はホバーボードの持ち込みを禁止したというニュースもある。
 次世代型の乗り物として流行しているホバーボードだが、まだまだ安全性が確保されているとはいえないようだ。日本ではまだ普及していないが、これから手に入れる人も増えていくだろう。物珍しさに買ってしまった場合には十分に注意が必要である。

衝撃的な画像を掲載しています。
head

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

【閲覧注意】人妻をレイプ未遂の有名サッカー選手、夫に惨殺される! ペニス切り取られ、首がもげそうに…

先月27日、ブラジル南部の都市クリチバ市郊外の雑木林で、サッカー選手の遺体が発見された。死亡したのはダニエル・コレア・フレイタスさん(24)…

【閲覧注意】男のアナルから“ぶっといキュウリ”を取り出す様子がエグすぎる! 医師たち大爆笑、「直腸異物」の手術現場

肛門から異物を挿入されて抜き取れなくなった状態を、医学用語では「直腸異物」という。その異物には、自慰や性行為で使われる大人のおもちゃが多いが…

【閲覧注意・速報】宝くじ当選のため「悪魔儀式」で4人殺害! 少女塩漬け・拷問・火炙り・バラバラ…血飲み、頭部拝み!=ブラジル

ブラジル北東部にある小さな村・イグアトゥで先日、2人の男が殺人容疑で逮捕された。ロベルト・アウヴェス(41歳)とグリーソン・バロス(30歳)…

ページ上部へ戻る