【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 10現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 2今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】反捕鯨団体「シー・シェパード」がグロビデオ製作!! 「殺されるクジラの苦しみを人間に置き換えてみた」

暴力的な活動で知られる国際反捕鯨団体「シー・シェパード」。
調査捕鯨船への妨害や侵入などの過激な行動で、日本でも悪名を轟かせている。
そんな彼らが、従来とは一風変わった切り口で反捕鯨を訴え始めたことで注目を集めているようだ。
まずは、シー・シェパードが7月28日に公開した「The Ultimate Death Scene(究極の死の光景)」と題された動画をご覧いただこう。

暗いステージの上で足踏みをする、1人の中年男性。
すると彼は、しきりに背後を気にし始める。
やがて何かに追われるように、男性の足取りは速くなる――と次の瞬間、彼の背中に激痛が走った。
その場に倒れ込んだ男性の背中からは、白いTシャツを真っ赤に染める鮮血が。
自らが刺されたことを悟り、戦慄する男性。
口元からも血が流れている。
すると今度は、突然後ろへと足を引っ張られてしまう。
床に爪を立てて抗うも、男性の傷は致命的だった。
彼は仰向けとなり、苦しみに悶えながら息絶える。

シー・シェパードによると、このショッキングな映像は、捕獲されるクジラの苦しみを人間に置き換えたものだという。
追い込まれて疲弊し、銛(もり)で致命傷を受け、荒々しく船上に引き揚げられ、そして苦しみながら息絶える、という捕鯨のプロセスをオーストラリア人俳優のデイビッド・フィールド氏が表現したとのこと。
シー・シェパードの広報担当アダム・バーリング氏は、
「この映像が議論のキッカケとなり、捕鯨の終焉へとつながればよい」
「これを見て、もしも人々が戦慄を覚えるならば、捕鯨にも同様に戦慄を覚えるべきだ」
「このように残酷で冷血な行為の被害者が人間であれば、加害者はすぐに牢にブチ込まれるだろう」
「たしかにショッキングな映像だ。しかし、(捕鯨の現場で)起きていることの恐ろしさを伝えたいのだ。私たちはそれを直接目にしてきた。今回、デイビッドは見事に演じてくれた」
 と7月29日付け英紙「The Daily Mail」に語っている。
どうやらシー・シェパード側は、動画が大反響を呼んでいることに概ね満足している模様。
しかし彼らの理屈が通るならば、食用として殺される豚や牛などの死も、人間の死に置き換える必要が出てきそうなものだが……。
なぜ、クジラの死を人間の死に置き換えることができるのか、彼らは一言も説明していない。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

20198/3

【閲覧注意】とてつもなく残虐な「子ども殺人鬼」ワースト5! アナル電池、肝臓破裂、6歳の銃殺魔も… 凶暴性は生得か環境か?

 前回(第10~6位)に引き続き、今回は子供ながらに殺人犯となったケースのワースト5を紹介。 …

ページ上部へ戻る