【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 36現在の記事:
  • 82今日の訪問者数:
  • 118今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20162/16

【閲覧注意】200年に1人「隕石落下で死亡した男」 ― 隕石に当たると人体はこうなる=インド

インド南部のタミルナド州で今月6日、工科大学敷地内に謎の物体が落下し、男性1人が死亡、3人が負傷したとのニュースが伝えられた。現地紙の「タイムズ・オブ・インディア」によると、落下の衝撃で地面に深さ約1.5mの穴が開き、バスや建物の窓が割れたという。その後、インド当局は落下物を“隕石”だと発表した。
「タイムズ・オブ・インディア」は、落下物による爆発があったのは6日の昼過ぎ、目撃情報によると落下場所には煙が上がり、捜査官関係者は「爆発物の痕跡は見られなかった」と伝えている。落下物の重さはわずか11グラム、青みがかった石が発見された。しかし、まだ科学調査を経て隕石であると証明されたわけではない。

この“隕石”によって死亡したのは、大学の屋外にいたバスの運転手。重傷を負って病院に搬送される途中に死亡が確認された。その他、造園作業員2人、学生1人が負傷。今月9日に「LiveLeak」にアップされた動画では、落下現場にいたとみられる男性がタンカーに乗って搬送される様子が映し出されている。よほどの衝撃と爆発だったのか、服は破れ、全身が焼け爛れているように見える。7日の夜には、「隕石は工科大学構内に落下し、バスの運転手の命を奪った」とインドのジャヤラム州首相自ら声明を発表。

 国際惑星季報(ICQ)によると、1825年に隕石落下による死亡例が報告されているらしく、実際にこの落下物が隕石だと証明されれば約200年ぶりの隕石による死亡者となる。
 現在、2013年2月に地球に接近した「チェリャビンスク隕石」に良く似た小型の小惑星が地球に接近中。しかし、地球とぶつかる確立は2億5,000万分の1ほどだと言われている。しかし、今月8日には福島のいわき市で、震度計や風速計に変化がないにも関わらず、窓ガラスが揺れ、地震前の地鳴りのような音を聞いた人が相次ぐというニュースがあったことから、「隕石の落下か?」と報じられた。もしかすると、言われている以上に隕石は落下しているのだろうか?
 1825年に確認された隕石による死亡事故も、あくまで隕石の“可能性がある”とのこと。今回の落下物は科学者の手により調査が進められるというが、隕石なのか、それとも違う何かが振ってきているのか、今後の動向に注目したい。

※衝撃的な動画を掲載しています。
inseki
TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20198/21

【閲覧注意】ガソリンを盗もうとした100人が突然「焼死体の山」に…!

 タンザニアのウルグル山地麓に位置する都市モロゴロで今月10日、横転したタンクローリーが爆発する事故が起こった。燃料を盗もうとした88人が死…

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

ページ上部へ戻る