【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 3現在の記事:
  • 41今日の訪問者数:
  • 58今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20162/15

【超・閲覧注意】見られたい自殺 ― 白昼堂々、ショッピングセンターで首を切る青年=オーストラリア

世界保健機関(WHO)の調査によると、日本の人口10万人あたりの自殺率は、21.4人で世界12位となっている。オーストラリアの人口10万人あたりの自殺率は10.5人で世界50位と、日本に比べると低い数字。しかし、そんなオーストラリアでショッキングな自殺をする光景が「LiveLeak」にアップされた。

 それは、人が多く行き交うショッピングセンターでの自殺。今月1日に公開された動画では、淡いブルーのデニムパンツと、赤い模様の入った白いTシャツで仁王立ちする青年が映し出される。しかしよく見ると、Tシャツは赤い模様ではなく、血によって染色されたものだというのが、足元にある血溜まりからわかる。その青年の手にはナイフが握られ、首元辺りから大量に出血。ずっと動かず仁王立ちしていた青年は、血が流れすぎたのか、やがてその場に倒れこんでしまう。その後、その様子を見ていた周りの人が青年からナイフを取り上げ、青年が少し足を動かしたところで動画は終わる。
衝撃的な動画を掲載しています。
jisatu
「LiveLeak」によると、この自殺を図った青年は前日、別の動画投稿サイトに自殺をほのめかす動画をアップしていたという。だが、自殺をした青年と自殺予告をした青年が同一人物かどうか、真偽は不明だが、近年はインターネットで自殺を中継する手法が増加傾向(詳細記事アリ)にあるため、あり得ない話ではない。

 予告をして実際に自殺をした事件は日本にも存在する。2006年に起こった「福岡中2いじめ自殺事件」は、文字通りイジメを苦にした中学生が、周りに「死ぬ」と言って首吊り自殺をしたという事件。亡くなった中学生のイジメのキッカケを作ったのが元担任ということもあり、当時大きな話題となった。

 その後、日本では2006年に「自殺対策基本法」が施工され、国や地方公共団体だけでなく、事業主や国民のそれぞれに自殺対策の基本理念を定めた法ができた。各自治体では、相談室を設置したり、カウンセリングを行うなどの対策が行われている。自殺という選択肢の前に、複数の選択肢を用意することが大切なのかもしれない。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

【閲覧注意】人妻をレイプ未遂の有名サッカー選手、夫に惨殺される! ペニス切り取られ、首がもげそうに…

先月27日、ブラジル南部の都市クリチバ市郊外の雑木林で、サッカー選手の遺体が発見された。死亡したのはダニエル・コレア・フレイタスさん(24)…

【閲覧注意】男のアナルから“ぶっといキュウリ”を取り出す様子がエグすぎる! 医師たち大爆笑、「直腸異物」の手術現場

肛門から異物を挿入されて抜き取れなくなった状態を、医学用語では「直腸異物」という。その異物には、自慰や性行為で使われる大人のおもちゃが多いが…

ページ上部へ戻る