【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 287現在の記事:
  • 34今日の訪問者数:
  • 54昨日の訪問者数:
  • 51今日の閲覧数:
  • 129昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20163/22

【閲覧注意】徳永英明も受けた「もやもや病」の手術映像がグロすぎてヤバい!

今月3日、シンガーソングライターの徳永英明(55)が公式サイト上に「徳永英明に関するご報告」と題したメッセージを掲載。「もやもや病」と診断され、脳梗塞発症を予防するために先月手術を受けたこと、術後の経過は良好だが今月いっぱいは療養に専念することを発表した。徳永は2001年にも「もやもや病」と診断され、1年以上にわたり活動を休止しているが、今回不幸にも再発してしまった形だ。では、この不思議な名前の「もやもや病」とは、いったいどんな病気であり、手術はどのように行われるのだろうか?
脳の血流に異常が生じる難病「もやもや病」(別名:ウィリス動脈輪閉塞症)は日本で発見された。そのため、病名は英語でも「moyamoya disease」と呼ばれている。脳の働きを支える動脈が細くなり血液不足を起こした結果、患者には慢性的頭痛や麻痺、視野狭窄、ろれつが回らないなどの症状が現れる。初期症状のまま進行しない場合もあるが、悪化すると高次脳機能障害などの後遺症につながることもあるため、十分な注意が必要だ。はっきりした原因はわかっていないが、発症には遺伝的要因や環境的要因が考えられている。

■「もやもや病」の手術ってどんなの?
 ここからが本題だ。「もやもや病」は、病気を引き起こす要因がわからない故に根本的な治療法が存在しない。つまり、細くなっていく脳の血管を止めることができないのだ。そのため、代わりに頭の皮膚にある動脈と脳の表面にある動脈を直接つなぐバイパス手術(血行再建術)によって脳への血流を増やす処置が取られる。徳永英明が先月受けた手術も「左複合バイパス手術」だった。
YouTube上に公開されている手術映像では、「もやもや病」のバイパス手術の一部始終をじっくり観察することができる。患者の頭皮にメスが入り、むき出しになった頭蓋骨の一部がパカっと取り去られ、そして脳の血管が別の血管と縫合される――。人間の脳にまつわる謎は、まだすべてが解き明かされているわけではないが、それでもここまで手をつけることができる現代医学の力に目が釘付けになってしまうのではないだろうか。医師でない人間にとっては、たしかにグロテスクな映像ではあるが、同時に現代医学の頼もしさまで伝わってくる稀有な動画といえる。
衝撃的な動画を掲載しています。
moyamoya1

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

【閲覧注意】ナイトクラブに手榴弾が投げ込まれた決定的瞬間がヤバい! 客たちが事態を把握できないまま爆発し…=ウクライナ

ウクライナのナイトクラブで手榴弾が投げ込まれる事件が起きた。その光景を収めた衝撃映像が海外の動画サイト「LiveLeak」などに投稿されて話…

20186/26

【閲覧注意】母親の棺桶が息子の顔面に落下して死亡! 葬式中に起きた恐怖の“心中事件”に全世界戦慄!

動画には、同国スラウェシ島で営まれた葬儀の様子が収められている。男性たちが大きな棺を高床式の葬儀小屋へと運んでいる。そのとき突然、小屋にかか…

【閲覧注意】女の腹から“生きたウナギ”を引き抜く激ヤバ手術映像流出!

問題の動画は、女性患者の腹部をハサミで切開するシーンから始まる。 やがて、傷口からなにやら茶色いものがニョキッと突き出し、医師はそれをピン…

【閲覧注意】体長8mニシキヘビに“頭から丸呑みされた”54歳女性の遺体に衝撃広がる!

 インドネシア・スラウェシ島東部の村で撮影された世にも恐ろしい映像がネット上に出回り、NHKをはじめとする世界各国のメディアが大きく報じる事…

ページ上部へ戻る