【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 52現在の記事:
  • 36今日の訪問者数:
  • 50今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20162/18

【閲覧注意】ドイツ列車事故、死者10人・負傷者81人 事故発生直後の様子を捉えた映像が公開される

ドイツ南部バイエルン州バート・アイブリングで今月9日、列車同士の正面衝突事故が発生した。事故が発生したのは、午前7時ごろ(現地時間)だったため、大勢の通勤客が乗車しており、10人が死亡、80人ほどが怪我を負ったという。そんな大事故発生直後の車内の様子を捉えた映像が「LiveLeak」にアップされた。
 そこに映し出されるのは、床に倒れる男性やメチャクチャになった車内の様子。動画の冒頭部分ではうめき声のような音声も聞こえる。撮影者はそんな車内を移動し、大勢の人たちが集まるところへ行き着く。そこには、頭から大量に出血する男性たちが…。その後も散策を続ける撮影者は、無事だった人たちと会話し、車外へ。しかし外へ出ても、うめき声が…。
 この路線は単線で、カーブ付近で2台が正面衝突したとみられている。ドブリント運輸相は緊急会見を開き、「どちらの列車も100キロ近いスピードで走行していたとみられ、高速で走りながらカーブしたため、2人の運転手はお互い気づかなかった可能性がある」と発言した。

 ドイツでは、2011年に貨物列車と旅客列車が正面衝突して10人が死亡した“ホールドルフ鉄道事故”があり、列車には自動列車制御装置が設置されていた。しかし、今回の事故ではその装置が作動していなかった可能性があるという。
 ドイツ当局は列車の運行データを記録した“ブラックボックス”を回収し、分析して事故の原因を早急に調べている。一部メディアからは、1998年に101人の犠牲者を出し、ドイツ国内で戦後最悪の鉄道事故といわれる“エシェデ鉄道事故”以来の惨事との報道もある。メルケル首相は「このような不幸がなぜ起きたのか、全関係省庁が全力を挙げて解明すると信じる」と発言。技術的なミスであるか、人為的なミスであるかは不明だが、このような悲惨な事故を再び起こしてはならない。

※衝撃的な動画を掲載しています。
jiko8

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る