【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 325現在の記事:
  • 60今日の訪問者数:
  • 77昨日の訪問者数:
  • 112今日の閲覧数:
  • 161昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

201510/25

【閲覧注意】ぬいぐるみを抱えて泣き叫ぶ「顔面全体・腫瘍」の男児! 心が引き裂かれる奇病動画

タイの農村部に住むある男の子が、絶え間のない痛みに苦しんでいる。彼の顔をお面のように覆っているのは肥大化した腫瘍だ。
■腫瘍があっという間に顔面全体に転移
 この男の子の両親によると、始まりは頬に小さなしこりができた事だった。しかしそのしこりは、瞬く間に身体や頭部にも転移し、肥大化してしまう。大きくなった腫瘍はただれて膿を持ち、感染症を引き起こした。
 腫瘍は、あっという間に男の子の顔の大部分を覆い、彼は既に話す事も聞く事も困難になりつつあるそうだ。ビデオでは男の子が熊のぬいぐるみを抱きながら、泣き声を立てているが、その声は見る者の心を引き裂く。他人でさえも心が痛むのだから、苦しむ息子を毎日、直視しなければならない両親の辛さはいかほどだろうか。
インドやそのほかの貧しい国々で、金銭的に余裕のない両親が難病に罹った子どもを都会の病院に連れて行ったところ、何とか治療してもらえたという話をTOCANAでは幾度かご紹介してきた。だが、この男の子の場合、両親が男の子を何とかして病院に連れて行く選択はまったくなかったのだろうか。もしかしたら連れて行っても手の施しようが無いと言われたのかもしれない。
一部の読者にとってはショッキングな映像を掲載しています。閲覧は自己責任でお願いします。

この男の子の罹っている癌がどのような種類のものか、現在調べられる情報からは判別が難しい。しかし、小児がんは抗がん剤や放射線によく反応し、治癒または長期の生存が期待できるケースもある。つまり適切な医療処置が施されさえすれば、この男の子にもまだまだ希望は残されているはずなのだが……。
 タイはメディカル・ツーリズム(医療観光)で有名な国であり、医療水準も決して低くない。国を挙げてメディカル・ツーリズムを推進しているタイは、一般の観光より単価の高い医療分野で国の収入を増やすことに努めている。
 バンコクやそのほかの大都市の私立病院は、外国人患者誘致を目的に素晴らしい体制を整えている。それらの病院はホテルのように絨毯が引かれ、11カ国語の通訳が常駐し、付き添いの人が退屈しないようにプールや高級レストラン、スパまで備えている。
 しかし反対に貧しい農村部にはこの男の子のように癌に顔を覆われ、痛みに日々苦しんでいても治療を受けられない子どももいるのである。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/19

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女!

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女! 奇病「スティーブンス・ジョンソン症候群」との闘い=英 イングランド東部エセック…

20189/18

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊!

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊! “ヘビの鱗”に覆われた我が子のために… 母親の決断と葛藤=米 米・ウィスコンシン州スーペリ…

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える!

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える! 爪もあり“お漏らし”まで…切り離す手術へ=フィリピン …

20189/14

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい!

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい! 指で押すだけでダメージ… 脆く美しい“人体の秘境”を脳神経外科医が解説 …

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

ページ上部へ戻る