【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 580現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 2今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】自分が死んだことに気づかず、イスに座り続ける男=シリア

最近国内で大きく報道されることは少なくなりつつあるが、依然としてシリアでは政府軍、反政府軍、そしてイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」やクルド人勢力らによる三つ巴・四つ巴の戦闘が繰り広げられている。まさに文字通りの“血で血を洗う”内戦状態は、すでに5年目に突入してしまった。死者数は昨年12月の段階で20万人を超えているという。
 今さら指摘するまでもないことだが、そのような戦火の中で、市民はいつ命を落とすかわからない日々を生きている。そしてこの事実を、私たちに強烈なインパクトとともに訴えかける映像が動画共有サイト「LiveLeak」で公開された。
2015y09m06d_001602767
 先月26日、シリアの首都ダマスカスの路上。辺りには煙が立ち込め、瓦礫が散乱している。人々はみな慌てふためき、何やら恐ろしい事態が発生しているということは明白だ。ところが、ひとり路上のイスに腰掛けたまま、微動だにしない男性がいる。彼はなぜ、これほど落ち着き払っていられるのだろうか――と思った瞬間、私たちは衝撃の光景を目の当たりにすることになる。
 なんと、男性の頭が、ない。彼は椅子に腰掛け、脚を組んだまま絶命していたのだ。どうやら、付近の建物に投下された爆弾の破片が、不幸にも路上でコーヒーを楽しんでいた男性の頭部に直撃、一瞬にして命を奪ったようだ。目を覆いたくなるほどショッキングな光景だが、男性が生前の姿勢を保ち、テーブルの上も何事もなかったかのように維持されていることが、“いつ命を落とすかわからない”シリアの現状を、見る人にひしひしと伝えてくる。
 動画の解説によると、現場はダマスカス市内の反政府軍が支配する地域だったという。爆弾の投下が政府軍によるものか、それとも他の組織によるものかは分かっていない。日本中が夏休みを満喫していた最中にも、世界にはこのように地獄としか例えようのない毎日を送る人々がいるという現実を、忘れずにいたいものだ。

衝撃的な映像を掲載しています。苦手な方は文章のみお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

20198/3

【閲覧注意】とてつもなく残虐な「子ども殺人鬼」ワースト5! アナル電池、肝臓破裂、6歳の銃殺魔も… 凶暴性は生得か環境か?

 前回(第10~6位)に引き続き、今回は子供ながらに殺人犯となったケースのワースト5を紹介。 …

ページ上部へ戻る