【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 175現在の記事:
  • 7今日の訪問者数:
  • 86昨日の訪問者数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 141昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】道端で得意気に牛を殺す男! 食品の安全性と鮮度を証明するため?=中国

添加物や内容物の偽装など、製造過程や加工過程でもたびたび問題視されている中国産食品。先月には、豚肉に化学添加物を混ぜ、「牛肉」に仕立てて販売を行っていたことが発覚し、食肉加工販売を行っていた夫婦が摘発されたばかり。そんな中国で、肉の販売業者だと思われる男の衝撃的な行為が、動画共有サイト「LiveLeak」にアップされた。

 最初、画面に映し出されるのは牛一頭と一人の男性。その男性は牛の頭の上へと、なにやら棒のようなものを向け、身構えている。その後ろには車が行き交っていることから、普通の道端で撮影されたものだと推測できる。そして動画が始まって5秒ほどが経った時、男が棒のようなものを牛の頭めがけ一突き。牛はその足が崩れ落ち、巨体をひっくり返してしまう。牛をひっくり返した男性は満足そうにカメラの方へ。そして、その手には刃物のような鋭利なものが握られていることがわかる。気温が低いため牛の荒げた息が白くなっている。そして牛に刃物を突きつけた男性と、その現場を見ていた男性(この男性の手にも刃物が握られている)が牛を引っ張るところで映像は終了する。

「LiveLeak」によると、肉の加工業者たちは中国産食品の“安全性”と“鮮度”を証明するためにこの動画を撮ったという。たしかに、食肉用の牛はこの動画のような打額と呼ばれる方法で屠殺(とさつ)されるが、それは、しかるべき場所での話。道端で打額を行う理由がどこにあるのか不明だ。

 現在、牛の屠殺は打額だけでなく、電気ドリルのようなものでアッと言う間に行われる。首を固定しようとする機械に、牛たちは激しく抵抗するがドリルの先を頭に付けられるとすぐおとなしくなり、また次の工程が行われるであろうコースに流されていく。家畜たちは命を投げ出して我々の食を支えてくれているのだ。

 著者はベジタリアンではなく、牛肉や豚肉、鶏肉といった肉を口にする機会は多くある。しかし、命をささげてくれた動物達を蔑ろに思ったことは一度もない。自分たちの“安全性”と“鮮度”を証明するため(?)、路上でパフォーマンスのように屠殺を行うのはいかがなものかと考えさせられる。
※衝撃的な動画を掲載しています
cow

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/19

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女!

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女! 奇病「スティーブンス・ジョンソン症候群」との闘い=英 イングランド東部エセック…

20189/18

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊!

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊! “ヘビの鱗”に覆われた我が子のために… 母親の決断と葛藤=米 米・ウィスコンシン州スーペリ…

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える!

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える! 爪もあり“お漏らし”まで…切り離す手術へ=フィリピン …

20189/14

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい!

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい! 指で押すだけでダメージ… 脆く美しい“人体の秘境”を脳神経外科医が解説 …

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

ページ上部へ戻る