【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 21現在の記事:
  • 88今日の訪問者数:
  • 113今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20159/23

【閲覧注意】右手、両足、左目を喰いちぎられて死亡! 政府運営の病院で赤ん坊がネズミの餌食に!! =インド

「The Telegraph India」の電子版によると、インド南東部アーンドラ・プラデーシュ州グントゥールにある総合病院で悲劇は起きた。8月17日に生まれた男の赤ちゃんには先天性の呼吸器疾患が見つかったため、そのまますぐに新生児外科病棟へと移された。人工呼吸器が取り付けられ、保育器に入れられた我が子――夫婦にとって第2子となる息子だったが、胸に抱くことも許されず、ただただ遠くから見守ることしかできなかったという。

 1週間後の日曜の朝、最初に異変に気づいたのは、父親のカヴォリ・ナグラジュさんだった。遠目に見ても明らかに赤ちゃんの様子がおかしい。彼は「私たちの息子が泣き続けているんです。すぐに看護師を呼びました」と振り返る。

 だが、看護師が到着した時には、すでに呼吸器の中で右手の指は齧られ、両足、左目は食いちぎられた後だった。すべてはドブネズミの仕業だった。すぐさまICUに担ぎ込まれましたが、2日後、赤ちゃんは短い命を閉じた。

実はカヴォリ夫妻、事故が起きる数日前からネズミが保育器の周りにいると病院のスタッフにクレームをつけていたというのだ。しかし、彼らは何もしてくれなかったことになる。

■母親「我が子は病院に殺された!」
これに対し、病院の管理責任者であるヴェヌガポラ・ラオ医師は、「The Hindu」紙上で「ネズミがいることが分かったのは月曜の朝でした。ですから、病院施設の管理会社に天井の抜け落ちた箇所の修繕を依頼したんですが――。間に合わなかったようですね」と弁解している。

 母親のラクシュミーさんは「うちの息子は、ネズミに殺されたんじゃない。医者とスタッフと病院に殺されたんだ」と、怒りとともにすすり泣く。亡くなった赤ちゃんの顔は、ネズミにひっかかれて血まみれ。しかも遺体は、ほったらかしのまま翌朝未明までベッドに寝かされていたという。これは、ほとんど“病院崩壊”レベルだろう。これが政府運営の総合病院だというから聞いて呆れる。

 さらに追い打ちをかけたのは、我が子の死を知らされた両親に対し、病院のスタッフが言い放った一言だ。「あなた方には、もうひとり男の子(長男)がいるんだから大丈夫ですよ」。

 病院の建物としての崩壊具合も相当なものだが、そこで働くスタッフの破壊力も相当なものだ。現在、病院では事故対策委員会が設置され、原因追究が始まっているというが、なんともやりきれない惨事となってしまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201911/10

【閲覧注意】白昼堂々、斧で“妻を斬首する”移民の男が激撮される!

事件現場の隣家から撮影された映像には、地面に横たわっている女性と、車のトランクから何かを取り出そうとしている夫の姿が映っている。夫は斧を取り…

【閲覧注意】バラバラ死体が転がるハイチの「人肉解体市場」がエグすぎる!

男たちの足元に転がっているのは、バラバラに切断された人体だ。手にマチェーテを持った彼らは生首や足を掲げ、カメラの前でポーズを決めた。手押し車…

201911/5

【閲覧注意】ゴキブリ駆除のために火をつけた男を襲った“想像を超える惨劇”とは!?

ブラジル南部パラナ州エネーアス・マルケースで今月18日、トラック運転手のシーザー・シュミッツさん(48)は裏庭に巣を作っていたゴキブリを駆除…

【閲覧注意】トルコ派戦闘員による鬼畜・人権侵害映像流出!

「シリア人権監視団」(SOHR)が23日に公開したその映像には、「平和の泉」作戦に参加した親トルコ武装組織「アル=マーディ」の戦闘員がクルド…

201911/3

【閲覧注意】村田諒太の元スパー相手が意識喪失KO → 4日後に死亡するボクシング事故発生!

米シカゴで今月12日に開催されたスーパーウエルター級の試合で、ボクサーのパトリック・デイ(27)がKO負けした。搬送先の病院で緊急手術を受け…

ページ上部へ戻る