【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 9現在の記事:
  • 0今日の訪問者数:
  • 0今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20161/4

【閲覧注意】こんな自殺は見たことない! 一心不乱にヘドバンして頭を割った男!!=ルーマニア

ストレスに満ちた現代、日本では毎年3万人近くの人が自殺している。その率は10万人あたり20.9人と、先進国の中でも最悪レベルにある――とは言え、自ら死ぬ道を選ぶ人はもちろん海外にも存在する。ただし、今回紹介するルーマニア人の場合、自殺の方法が少し特殊だった。

 路面電車の車内。長髪で小太りの男が、つかみ棒に何やら一心不乱に頭を打ちつけている。恐らく周囲には、かなり大きな音が鳴り響いていたことだろう。全身を使って頭を割ろうとするその気迫に、ほかの乗客はみな呆気にとられてしまったようだ。

 所変わって、先ほどの男は夜の街にいた。そして建物を見つけるやいなや、壁の“カド”へと向かって全力疾走。またも一心不乱に自らの頭を打ちつけはじめる。側にいた男性が「おいおい」とばかりに諭すも、まったく男の興奮は収まらない。

 何かを訴えようとしているのか、カメラの前に立って早口でまくし立てる男。しかし、その額にはポッカリと大きな穴が開き、大量に出血している。さらに傷口周囲は、まるで花が咲いたかのように肉が腫れて盛り上がっているではないか。やがて男性は駆けつけた救急隊に保護され、自殺は未遂に終わったようだが、彼はなぜこのような手法を選んだのか?

 まだ言葉の理解や意思表示が十分ではない幼い子どもが、気に入らないことがあると壁や床に頭を打ちつけるなどの自傷行為に走り、周囲に不満を主張することがあるようだが、今回の男はもういい歳だ。それに、彼の表情はどう見ても尋常ではない。目が宙を泳ぎ、狂気に満ちた輝きを放っている――やはりトカナとしては、男がルーマニア人である点に着目せざるを得ない。

 ドラキュラ伝説で知られるルーマニアは、実は世界をリードするオカルト大国だ。なんと、「魔女」という職業の国家資格制度があり、「呪術師」などと合わせるとその数は2,000人以上にのぼるという。そして国民の70%が、魔術や呪術を信じているという土地柄だ。今回の男性は何らかの悪魔に取り憑かれてしまった、もしくは呪術をかけられてしまった可能性もあるのではないか? サイキックな読者の意見を、ぜひとも聞かせてほしい。

衝撃的な動画を掲載しています。
jisatu

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る