【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 37現在の記事:
  • 26今日の訪問者数:
  • 92今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20161/4

【閲覧注意】こんな自殺は見たことない! 一心不乱にヘドバンして頭を割った男!!=ルーマニア

ストレスに満ちた現代、日本では毎年3万人近くの人が自殺している。その率は10万人あたり20.9人と、先進国の中でも最悪レベルにある――とは言え、自ら死ぬ道を選ぶ人はもちろん海外にも存在する。ただし、今回紹介するルーマニア人の場合、自殺の方法が少し特殊だった。

 路面電車の車内。長髪で小太りの男が、つかみ棒に何やら一心不乱に頭を打ちつけている。恐らく周囲には、かなり大きな音が鳴り響いていたことだろう。全身を使って頭を割ろうとするその気迫に、ほかの乗客はみな呆気にとられてしまったようだ。

 所変わって、先ほどの男は夜の街にいた。そして建物を見つけるやいなや、壁の“カド”へと向かって全力疾走。またも一心不乱に自らの頭を打ちつけはじめる。側にいた男性が「おいおい」とばかりに諭すも、まったく男の興奮は収まらない。

 何かを訴えようとしているのか、カメラの前に立って早口でまくし立てる男。しかし、その額にはポッカリと大きな穴が開き、大量に出血している。さらに傷口周囲は、まるで花が咲いたかのように肉が腫れて盛り上がっているではないか。やがて男性は駆けつけた救急隊に保護され、自殺は未遂に終わったようだが、彼はなぜこのような手法を選んだのか?

 まだ言葉の理解や意思表示が十分ではない幼い子どもが、気に入らないことがあると壁や床に頭を打ちつけるなどの自傷行為に走り、周囲に不満を主張することがあるようだが、今回の男はもういい歳だ。それに、彼の表情はどう見ても尋常ではない。目が宙を泳ぎ、狂気に満ちた輝きを放っている――やはりトカナとしては、男がルーマニア人である点に着目せざるを得ない。

 ドラキュラ伝説で知られるルーマニアは、実は世界をリードするオカルト大国だ。なんと、「魔女」という職業の国家資格制度があり、「呪術師」などと合わせるとその数は2,000人以上にのぼるという。そして国民の70%が、魔術や呪術を信じているという土地柄だ。今回の男性は何らかの悪魔に取り憑かれてしまった、もしくは呪術をかけられてしまった可能性もあるのではないか? サイキックな読者の意見を、ぜひとも聞かせてほしい。

衝撃的な動画を掲載しています。
jisatu

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】「人民寺院の集団自殺」封印画像をFBIが機密解除! 無数の腐乱死体、強烈な死臭漂う衝撃写真!

1978年11月18日は、ガイアナ北部に設立された「人民寺院(ジョーンズタウン)」で集団自殺が決行された日である。  人民寺院は195…

【閲覧注意】新型コロナの犠牲者、遺体と一緒に寝かされる患者たち… 自粛の気を緩めれば日本もこうなる、現状を知れ!

インド・マハーラーシュトラ州ムンバイにあるロックマンヤ・ティラック・ミュニシパル総合病院で撮影された動画は、地獄のような光景を映し出す。黒い…

【閲覧注意】イランの旅客機撃墜“直後の現場映像”が流出!

今月8日、イランの首都テヘラン近郊でウクライナ国際航空の旅客機752便が離陸直後に墜落し、乗員・乗客176人全員が死亡した。死者の中にはイラ…

【超・閲覧注意】米殺害イラン・ソレイマニ司令官の遺体画像流出! 焼け焦げバラバラ“ただの肉片”

米国防総省は今月3日、イランのイスラム革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを発表した。米軍はイラク・バグダッド空港でドローンを…

201912/19

【閲覧注意】最恐競技「エアリアルシルク」で美人選手が落下、脊髄損傷する決定的瞬間!

「国際空中演技選手権(IAAC)」は、ポールスポーツ、エアリアルシルク、エアリアルフープの3種目について、予選を突破したチームのみが参加でき…

ページ上部へ戻る