【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 20現在の記事:
  • 7今日の訪問者数:
  • 24今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20161/5

【閲覧注意】高圧電線に触れるとこうなる

家庭に電気を運ぶため、電車を走らせるためなど、至るところに張り巡らされている電線。もしも触れたらどのくらい痺れるのか? と多少なりとも思ったことがある人も多いだろう。中には、触ってみたい衝動に駆られた者もいるかもしれない。だが、今回紹介する事件を知っておけば、その考えは微塵もなくなるだろう。

 今月1日、中国・北京医療静脈交換会社のPC向け「医学辞書」にあるケガの症例がアップされた。
densen
 16歳の少年が高圧電線に触れたことで左手は火傷。時間がたつにつれ腐敗が進み、皮膚の色は変わり骨は丸見えに。また徐々に、左腕の静脈すべてに深刻な血栓症(血が詰まり、臓器に流れなくなる)も現れた。心臓や脳に血液が行き渡らなくなってしまっては、少年が死んでしまうため、火傷から2週間後、切断を余儀なくされたという。

 見ればわかるとおり、そのあまりに無残な左手はもはや生きた人の手とはかけ離れているといってもよいだろう。
道路などで見かける電線は絶縁物で覆っているため、感電しないと思われがちだが、そうではない。鳥が感電していないのは、1本の電線に触れているだけであれば、電流は鳥の体内を通過せず電線内を流れていくからである。たとえば、人間が電流の流れない地面に足をつけた状態で電線を触ったら感電死する可能性もある。

 今回の中国の少年のように、超高圧送電線を握った場合は、ゴム手袋の有無に関わらず電気は流れるうえ、数十万ボルトという電圧であれば1mくらい離れていても感電する可能性があるという。

「電気は大切」であることを知る前に、電気がいかに危険かを知るほうが重要だといえるだろう。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る