【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 48現在の記事:
  • 12今日の訪問者数:
  • 57今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20159/16

【閲覧注意】息子の眼前で、潰されて死んだ母親=中国

中国からのショッキングな事故の映像
震え上がるような事故発生の瞬間を収めた動画が公開された。今度は――「人間を押し潰す看板」だ。
billboard
 8月9日、安徽省安慶市の路上。
少し先を歩いていた母親と、それを走って追いかける息子。
家路を急いでいたのだろうか、母親の左手には買い物袋が握られていた――そして次の瞬間、誰も予想できなかった悲劇が彼らを襲う。
なんと、頭上から巨大な看板が落下。
息子は寸前のところで避けることに成功したが、母親は完全に下敷きとなってしまったのだ。
この母親は亡くなったと伝えられている。

 このような事態に巻き込まれれば、誰でも一瞬何が起こったのか理解できないことだろう。
危機一髪で命拾いした息子も、事故後の数秒間は看板を呆然と眺めることしかできなかった。
中国メディア「泉州网」などの報道によると、映像は街の監視カメラが捉えていたもの。
タイムスタンプを見ると、事故の発生が22時前後だったことがわかる。
やはり今回も、看板の固定ミスのような人為的ミスが事故の引き金となってしまったのだろうか。
それとも何か別の原因が……?

 ちなみに、ここ日本でも国土交通省の緊急調査によって、全国1,516棟の建物で「広告看板が落下する恐れがある」との結果が出ている。
しかも、調査の進展によってこの数はさらに増える恐れもあるという。
悲惨な事故を未然に防ぐためにも、早急な対策が求められているのだ。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】「人民寺院の集団自殺」封印画像をFBIが機密解除! 無数の腐乱死体、強烈な死臭漂う衝撃写真!

1978年11月18日は、ガイアナ北部に設立された「人民寺院(ジョーンズタウン)」で集団自殺が決行された日である。  人民寺院は195…

【閲覧注意】新型コロナの犠牲者、遺体と一緒に寝かされる患者たち… 自粛の気を緩めれば日本もこうなる、現状を知れ!

インド・マハーラーシュトラ州ムンバイにあるロックマンヤ・ティラック・ミュニシパル総合病院で撮影された動画は、地獄のような光景を映し出す。黒い…

【閲覧注意】イランの旅客機撃墜“直後の現場映像”が流出!

今月8日、イランの首都テヘラン近郊でウクライナ国際航空の旅客機752便が離陸直後に墜落し、乗員・乗客176人全員が死亡した。死者の中にはイラ…

【超・閲覧注意】米殺害イラン・ソレイマニ司令官の遺体画像流出! 焼け焦げバラバラ“ただの肉片”

米国防総省は今月3日、イランのイスラム革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを発表した。米軍はイラク・バグダッド空港でドローンを…

201912/19

【閲覧注意】最恐競技「エアリアルシルク」で美人選手が落下、脊髄損傷する決定的瞬間!

「国際空中演技選手権(IAAC)」は、ポールスポーツ、エアリアルシルク、エアリアルフープの3種目について、予選を突破したチームのみが参加でき…

ページ上部へ戻る