【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 38現在の記事:
  • 51今日の訪問者数:
  • 97今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】巨大な単眼症「サイクロプス」 ― 振り向いた赤ん坊は“1つ眼”だった!

「単眼症(サイクロピア)」――これは発育異常によって胎児の眼球が左右に形成されず、本来ならば鼻があるはずの顔面中央部に、大きな眼球が1個だけ生じる極めて稀な先天性奇形だ。原因には遺伝子の変異や母体のビタミンA不足、化学物質や薬剤、さらにストレスの影響などが考えられているが、正確なことは判明していない。多くの場合は早期に自然流産となり、たとえ出産まで至っても1年以内に死亡してしまう。

 トカナでもたびたび報じてきたように、単眼症は人間以外の動物にも見られるが、やはり多くの人々を驚かせるのは、その外見だ。地球上の多くの生き物には2つの目が具わっており、哺乳類の場合には互いの目を見ることにより意志の疎通を図る、コミュニケーション機能も持ち合わせている。そのため、私たちが“1つ眼”から受けるショックは一段と凄まじいものになるのだ。

 2013年に動画共有サイト「LiveLeak」上で公開された単眼症の赤ん坊の映像も、見る人に大きなインパクトを与えるものとなっている。ベッドの上に寝かされたこの赤ん坊、はじめは顔を背けているため、その表情を読み取ることができない。しかし医師(?)が手を据え、頭をこちらに向けた瞬間……!! カッと開いた大きな“1つ眼”が、こちらを見つめているではないか。

 わが子が単眼症であることを知った親は、一体どれほどの衝撃に襲われるのだろう。現実を受け止めきれず、「サイクロプス」(ギリシャ神話に登場する1つ眼の巨人)や「モンスター」だと育児を放棄してしまうケースもあるという。しかし、非常な運命に打ちひしがれているのは、何よりも単眼症の赤ん坊自身だろう。短い命かもしれないが、せめて彼らがその生を十分にまっとうしてくれるよう祈りたい。
衝撃的な動画を掲載しています。
tangansho-2


TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/27

【閲覧注意】今年最も悲惨な「負傷」が発生! 総合格闘家のスネが“ありえない方向”に曲がって骨折

米ルイジアナ州ボージャーシティで今月5日、総合格闘技(MMA)の大会「アメリカン・コンバット・アライアンス」(AKA)が開催された。アメリカ…

20191/19

【閲覧注意】銃弾が“頬をかすめる”とこうなる! あなたの想像以上にエグい光景!=ブラジル

この動画に映っている男性は、ショットガンで顔面を撃たれ、頬がこのようにパックリ割れてしまったという。まるでマチェーテで頬を切り裂かれたような…

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

ページ上部へ戻る