【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

adf

Count per Day

  • 105現在の記事:
  • 12今日の訪問者数:
  • 18今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】巨大な単眼症「サイクロプス」 ― 振り向いた赤ん坊は“1つ眼”だった!

「単眼症(サイクロピア)」――これは発育異常によって胎児の眼球が左右に形成されず、本来ならば鼻があるはずの顔面中央部に、大きな眼球が1個だけ生じる極めて稀な先天性奇形だ。原因には遺伝子の変異や母体のビタミンA不足、化学物質や薬剤、さらにストレスの影響などが考えられているが、正確なことは判明していない。多くの場合は早期に自然流産となり、たとえ出産まで至っても1年以内に死亡してしまう。

 トカナでもたびたび報じてきたように、単眼症は人間以外の動物にも見られるが、やはり多くの人々を驚かせるのは、その外見だ。地球上の多くの生き物には2つの目が具わっており、哺乳類の場合には互いの目を見ることにより意志の疎通を図る、コミュニケーション機能も持ち合わせている。そのため、私たちが“1つ眼”から受けるショックは一段と凄まじいものになるのだ。

 2013年に動画共有サイト「LiveLeak」上で公開された単眼症の赤ん坊の映像も、見る人に大きなインパクトを与えるものとなっている。ベッドの上に寝かされたこの赤ん坊、はじめは顔を背けているため、その表情を読み取ることができない。しかし医師(?)が手を据え、頭をこちらに向けた瞬間……!! カッと開いた大きな“1つ眼”が、こちらを見つめているではないか。

 わが子が単眼症であることを知った親は、一体どれほどの衝撃に襲われるのだろう。現実を受け止めきれず、「サイクロプス」(ギリシャ神話に登場する1つ眼の巨人)や「モンスター」だと育児を放棄してしまうケースもあるという。しかし、非常な運命に打ちひしがれているのは、何よりも単眼症の赤ん坊自身だろう。短い命かもしれないが、せめて彼らがその生を十分にまっとうしてくれるよう祈りたい。
衝撃的な動画を掲載しています。
tangansho-2

TOCANA

関連記事

20208/12

【閲覧注意】レバノン爆発「テレビでは絶対に放送できない」直後の光景が地獄すぎる!

レバノンの首都ベイルートで今月4日、大規模な爆発があった。これまでに少なくとも78人が死亡し、日本人1人を含む4000人以上が負傷したという…

【閲覧注意】美人妻がヒグマに襲われ壮絶死!

露クラスノヤルスク地方セヴェロ=エニセイスキーで湖の近くを一人で散歩していた女性が野生のクマに襲われて死亡した。  家族と一緒に休暇を…

【閲覧注意】コロナ禍で女性2人が首吊りの決定的瞬間を生配信!

ネパールでは、新型コロナウイルスの大流行から約3カ月半後、コロナ禍とは別の公衆衛生の危機に瀕している。 警察の公式記録によると、3月24日…

【閲覧注意】史上最悪、ロストフの殺人家族「ポドコパエフ一家」!

ロシアのポドコパエフ一家は、史上最悪のシリアルキラー家族と言われる。一家は、2007年から2013年の間の6年間に30人以上を襲い、殺害した…

道端に捨てられたアルビノの赤ちゃんが悲惨すぎる!

アフリカでは、アルビノに対する差別や偏見が根強く、迷信とも相まって「アルビノ狩り」も横行している。 アルビノの身体を呪術に用いることで幸運…

ページ上部へ戻る