【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 669現在の記事:
  • 35今日の訪問者数:
  • 54昨日の訪問者数:
  • 52今日の閲覧数:
  • 129昨日の閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】巨大な単眼症「サイクロプス」 ― 振り向いた赤ん坊は“1つ眼”だった!

「単眼症(サイクロピア)」――これは発育異常によって胎児の眼球が左右に形成されず、本来ならば鼻があるはずの顔面中央部に、大きな眼球が1個だけ生じる極めて稀な先天性奇形だ。原因には遺伝子の変異や母体のビタミンA不足、化学物質や薬剤、さらにストレスの影響などが考えられているが、正確なことは判明していない。多くの場合は早期に自然流産となり、たとえ出産まで至っても1年以内に死亡してしまう。

 トカナでもたびたび報じてきたように、単眼症は人間以外の動物にも見られるが、やはり多くの人々を驚かせるのは、その外見だ。地球上の多くの生き物には2つの目が具わっており、哺乳類の場合には互いの目を見ることにより意志の疎通を図る、コミュニケーション機能も持ち合わせている。そのため、私たちが“1つ眼”から受けるショックは一段と凄まじいものになるのだ。

 2013年に動画共有サイト「LiveLeak」上で公開された単眼症の赤ん坊の映像も、見る人に大きなインパクトを与えるものとなっている。ベッドの上に寝かされたこの赤ん坊、はじめは顔を背けているため、その表情を読み取ることができない。しかし医師(?)が手を据え、頭をこちらに向けた瞬間……!! カッと開いた大きな“1つ眼”が、こちらを見つめているではないか。

 わが子が単眼症であることを知った親は、一体どれほどの衝撃に襲われるのだろう。現実を受け止めきれず、「サイクロプス」(ギリシャ神話に登場する1つ眼の巨人)や「モンスター」だと育児を放棄してしまうケースもあるという。しかし、非常な運命に打ちひしがれているのは、何よりも単眼症の赤ん坊自身だろう。短い命かもしれないが、せめて彼らがその生を十分にまっとうしてくれるよう祈りたい。
衝撃的な動画を掲載しています。
tangansho-2


TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

【閲覧注意】ナイトクラブに手榴弾が投げ込まれた決定的瞬間がヤバい! 客たちが事態を把握できないまま爆発し…=ウクライナ

ウクライナのナイトクラブで手榴弾が投げ込まれる事件が起きた。その光景を収めた衝撃映像が海外の動画サイト「LiveLeak」などに投稿されて話…

20186/26

【閲覧注意】母親の棺桶が息子の顔面に落下して死亡! 葬式中に起きた恐怖の“心中事件”に全世界戦慄!

動画には、同国スラウェシ島で営まれた葬儀の様子が収められている。男性たちが大きな棺を高床式の葬儀小屋へと運んでいる。そのとき突然、小屋にかか…

【閲覧注意】女の腹から“生きたウナギ”を引き抜く激ヤバ手術映像流出!

問題の動画は、女性患者の腹部をハサミで切開するシーンから始まる。 やがて、傷口からなにやら茶色いものがニョキッと突き出し、医師はそれをピン…

【閲覧注意】体長8mニシキヘビに“頭から丸呑みされた”54歳女性の遺体に衝撃広がる!

 インドネシア・スラウェシ島東部の村で撮影された世にも恐ろしい映像がネット上に出回り、NHKをはじめとする世界各国のメディアが大きく報じる事…

ページ上部へ戻る