【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

adf

Count per Day

  • 54現在の記事:
  • 24今日の訪問者数:
  • 36今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20159/11

【超・閲覧注意】「ブルーリ・アルサー」 ー 皮膚がただれ、肉が露出する“顧みられない”難病

「Buruli ulcer(ブルーリ・アルサー、ブルーリ潰瘍)」――耳慣れない言葉だが、これは西アフリカや中央アフリカをはじめ、世界数十カ国で年間5,000例以上の患者報告がある恐ろしい感染症の名前だ。由来は、ウガンダのブルーリ地方で「大きな皮膚潰瘍」患者が多数出現したことにある。その原因は抗酸菌の一種だが、感染経路は未だ不明。川や池の付近で暮らす住民に患者が多いことが知られており、ヒトからヒトへの感染は起きないとされる。では、ひとたびブルーリ潰瘍を発症すると、私たちの身体にはどのような異変が現れるのか?

 重症化した患者の皮膚はただれ、完全に肉が露出している。初期は虫刺されにも似た症状を示すが、数週間をかけて潰瘍化、組織の壊死を伴いながら拡大していく。好発部位は四肢や顔面だが、菌が神経を侵すため実は痛みはほとんど感じないという。治療には抗生物質が用いられるが、重症化した場合には皮膚の移植も必要となる。

 世界保健機関(WHO)は、ブルーリ潰瘍を「顧みられない熱帯病」と定義し、治療・研究に専念するとしている。どうやらアフリカ各国で重症化患者が出現する背景には、先進国ではほとんど患者がいないため、これまで世界の関心を集めることがなかったという事情もあるようだ。

 日本人にとっても馴染みの薄い感染症かもしれないが、決して国内で報告が存在しないわけではない。1980年の19歳女性を皮切りに、以降2014年末までに53名の患者が確認されており、むしろ近年は増加傾向にあるという。後遺症を残さないためには、何よりも早期診断と治療が必要となるという。まだまだ未知の部分がある難病、ブルーリ潰瘍。研究の進展によって、感染の経路と予防策が一刻も早く判明することを願うしかない。

TOCANA

関連記事

20211/20

前を向いて生きる「顔のない男」

インドのジャンムー・カシミール州に住むラティフ・ハタナさん(32)は、巨大な皮膚のひだが顔面にぶら下がっているため、「顔の無い男」と呼ばれて…

20211/18

【閲覧注意】身体が“股から裂けた”女性の姿に戦慄!!

大型トラックとオートバイが衝突した事故現場が映し出される。道路脇には女性が仰向けに倒れている。彼女の股は大きく裂け、肉や骨がむき出しだ。一命…

【閲覧注意】ウクライナ21超えの14歳少年が出現!

ウクライナ・ドニプロペトロウシク州に住む若者2人が男性を拷問の末に殺害する様子を撮影したホームビデオは「ウクライナ21」と呼ばれる。2007…

【閲覧注意】ゾウに「じわじわ殺されている」人間が激撮される!!

インド・アッサム州カリムガンジで今月11日、茶畑にいた男性が野生のゾウに踏み潰されて死亡した。ゾウに襲撃されたラジュ・チャサさん(40)はす…

20211/3

全身が“石”になりゆく9歳少女が悲しすぎる!

インド・チャッティースガル州に住む少女、ラジェシュワリさん(9)は、体が“石”になっていく病気に苦しんでいる。顔を除いた全身が固い水ぶくれに…

ページ上部へ戻る