【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 1072現在の記事:
  • 60今日の訪問者数:
  • 77昨日の訪問者数:
  • 112今日の閲覧数:
  • 161昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20164/24

【閲覧注意】黒く焼け焦げ、水ぶくれした死体がグロすぎる! 相次ぐ原因不明の爆死=ブラジル

今月9日、ブラジルのペルナンブーコ州にある都市・カルアルで、体が肥大化した男性の死体が発見された。両手を広げて横たわっている画像が海外サイト「Best Gore」にて公開されている。
・ 黒く焼け焦げた顔面
・ 水ぶくれなのか、ところどころ膨れ上がった腹部
 男性は何らかの原因により爆死したようで、爆発したと思われる場所から2メートル離れた道端で発見された。周囲の地面は灰色に変色し、生えていた雑草なども吹き飛ばされている。
 実はブラジルでは、このような爆発事件が数多く発生している。
bakushi
■父と娘の不可解な爆死
 2013年、ブラジルのゴイアス州ピレノポリス市では、看護学生のロアンネ・コスタと義父のジョアキン・ルス氏が、ダイナマイトで爆死したとみられる姿で発見された。市民警察によると同事件は、父親は足を鎖で、娘は木にロープで縛りつけられた状態で、2人は抱き合ったまま死亡していたという。ダイナマイトは、父親が働いていた採石場から持ち出されたものだと考えられている。

■ビール工場爆発事件で2人死亡
 2016年、ハイネケン社のビール工場でボイラー爆発が発生し、2名が死亡するという大事故となった。監視カメラの映像では、2人の死者は爆風で20メートル以上吹き飛ばされていた。負傷者はボイラーの保守を行う派遣労働者で、爆発による蒸気噴射を受け、体表面積の8割に第三度の火傷を負った。

 果たして今回の画像の男性は殺害されたのか、それとも何らかのアクシデントで爆死したのか、警察当局には明確な判断がつかないようで、現在判明しているのは、不可解な死体が、ただそこにあったという事実のみだ。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/19

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女!

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女! 奇病「スティーブンス・ジョンソン症候群」との闘い=英 イングランド東部エセック…

20189/18

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊!

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊! “ヘビの鱗”に覆われた我が子のために… 母親の決断と葛藤=米 米・ウィスコンシン州スーペリ…

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える!

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える! 爪もあり“お漏らし”まで…切り離す手術へ=フィリピン …

20189/14

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい!

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい! 指で押すだけでダメージ… 脆く美しい“人体の秘境”を脳神経外科医が解説 …

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

ページ上部へ戻る