【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 13現在の記事:
  • 2今日の訪問者数:
  • 2今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20163/13

a“h”mazing 興奮を求める殺人鬼「スリルキラー」

12年1月、当時18歳のアリッサ・ブスタマンテの審理公判が開かれた。彼女の容疑は、09年にアメリカ・ミズーリ州で起きた、9歳の女児殺害。
 15歳だったブスタマンテは、近くに住む女児の首を絞め、喉元をナイフで切り殺害した。そのときの感情を、彼女は日記にこのように記している。

「わたしは今し方、人を殺したわ。喉を切って刺して、絞め殺したの。それはそれは素晴らしい体験だった。わたしはこれほどまでに興奮する方法を知らない。ああ、楽しい。でもねケイ、いまちょっと緊張して震えているわよ。さて、教会に行かなくちゃ(笑)」

 ケイは恐らくブスタマンテの友人だろうが、この日記の1番の特徴は、そこではない。日本語で「素晴らしい」を意味する「amazing」を強調するため、「ahmazing」と“h”を入れていることだ。なお、彼女は「人を殺すとき、どんな感じがするのか知りたかった」と容疑を認めた。
 そんなブスタマンテも、母親には早いうちに捨てられてしまい、薬物乱用、うつ病、自殺未遂の経験を持つ父親に育てられた。07年には、彼女自身も数百にも及ぶリストカット、頭痛薬の大量服用で自殺を試みていたという。
ahmazing

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】殺したての妻の死体を抱きしめて泣くサイコパス夫が大ニュースに!

 米ニューヨーク市クイーンズ区で今月7日夜、ネイルサロン「Tu S’tilo Salon SPA」に勤務していたカルメン・アイリス・サンティ…

【閲覧注意】生きながら焼け死ぬ7歳少女が悲しすぎる!

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方のシディ・アラール・バラフウイの民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生し…

20198/16

【閲覧注意】人喰いザメに襲撃された男の末路がヤバすぎる!

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。事故発生直後の様子を収めた映像が過激動…

【閲覧注意】デモに参加した男子高校生、警官に銃撃されて“顔面が無数の血の穴”状態に! 本人「もう死にたい」ベネズエラの現状

国民はデモによって改善を訴えるが、マドゥロ政権はそれらをことごとく弾圧してきた。中でも悲惨だったのが、先月2日にタチラ州で起きた弾圧である。…

20198/3

【閲覧注意】とてつもなく残虐な「子ども殺人鬼」ワースト5! アナル電池、肝臓破裂、6歳の銃殺魔も… 凶暴性は生得か環境か?

 前回(第10~6位)に引き続き、今回は子供ながらに殺人犯となったケースのワースト5を紹介。 …

ページ上部へ戻る