【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 34現在の記事:
  • 75今日の訪問者数:
  • 81今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

ロシアで11人を殺して食べた「切り裂きババア」

市民を次々と殺害し、人肉を貪り食っていた「切り裂きババア」逮捕のニュースが世界を震撼させている。

 7月28日、ロシア・サンクトペテルブルクの警察当局は、11人を殺害した容疑で68歳の女を逮捕したと発表した。
元ホテル従業員で年金受給生活者のタマラ・サムソノバ容疑者は、被害者の遺体をバラバラに切断して捨てていたため「切り裂きババア」と呼ばれることとなった。
事件が発覚した経緯は次のようなものだ。
先月、警察はサンクトペテルブルク近郊にある池付近で、シャワーカーテンに包まれた頭部のない死体を発見。
その後、郊外のアパートから真夜中に大きなポリ袋数点を持ち出す「切り裂きババア」の姿を捉えた監視カメラの映像を入手、逮捕に踏み切ったのだ。
そのポリ袋には、「切り裂きババア」が一時的に同居していた79歳女性のバラバラ遺体が入っていた。
「切り裂きババア」の話によれば、ある夜、79歳女性と口論になった末、のこぎりで殺害して遺体を解体したという。

 さらに警察は「切り裂きババア」の殺人や食人の詳細を綴った日記も発見している。
このことから、少なくとも11人の殺害に関与していると考えられているのだ。

 さて、「切り裂きババア」はインタビューに対して、「老齢で住む場所もなかったため、早く全てを終わらせるために犯行を犯した」「刑務所に入れば生活も保証されるし葬式も国が行ってくれるから安心」と、悪びれた様子もなくあっけらかんと答えている。

それ以外にも「切り裂きババア」は、報道陣に向かって投げキッスをしたり、裁判所から身柄拘束の決定を伝えられると、大いに喜ぶなどしていたという。
このように、罪を犯したことに対する良心の呵責が微塵も感じられない様子から、やはりこの女はサイコパスの可能性があるとみていいだろう。
連続殺人鬼かつ食人嗜好(カニバリズム)の多くは男性だが、女性で、しかも老女というケースは珍しい。

今回の「切り裂きババア」は、カルトにはまっていたという情報もあるため、食人行為が呪術的なものだった可能性がある。
さらに「人肉を食べないと魂を奪われる」などの妄言を吐いているとも伝えられており、精神を病んでいるのかもしれない。
しかし、チカチーロやダーマーのように、性的興奮を得るためだった線も捨て切れないだろう。
同様の事件を防ぐためにも、一刻も早く事件の全容が解明され、彼女の心の闇が暴かれることを願いたい。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】犬のペニスを挿入したまま搬送される女が激撮される!

中国広東省羅定市で撮影された動画には、担架で運ばれる女性の姿が映っている。彼女の性器には犬のペニスが挿入されたままだという。映像で犬の姿を確…

201910/15

【閲覧注意】犬を散歩中の男に「雷が落ちる」決定的瞬間が超ヤバい!

米テキサス州のスプリング地域で犬の散歩をしていた男性、アレックス・コアラスさんが雷に打たれる事故が起きた。その決定的瞬間をとらえた監視カメラ…

【超話題・閲覧注意】20人以上を殺害、チリパウダーで炒めて食べた「メキシコの連続殺人鬼夫婦」詳細判明!

“エカテペックの怪物”ことフアン・カルロス・ヘルナンデス・ベハール(33)と妻のパトリシア・マルティネス・ベルナル(39)は、2018年10…

【閲覧注意】三つ子の二人が合体… 4本足と3本腕の赤ん坊が誕生!

インド・ラージャスターン州トーンク県の都市トーンクで、4本の足と3本の腕を持った女の子が誕生した。英紙「Metro」などに、この赤ん坊の写真…

【閲覧注意】眼球にブッ刺さった鉛筆の先端を除去する激コワ手術映像流出!

男子小学生のアレクサンドロ・バイアモンテさん(10)がクラスメイトの少年(9)に鉛筆で目を突き刺されたのだ。2本の鉛筆を手に持っていた加害少…

ページ上部へ戻る