【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 131現在の記事:
  • 7今日の訪問者数:
  • 86昨日の訪問者数:
  • 24今日の閲覧数:
  • 141昨日の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20159/29

【閲覧注意】恐怖の「眼球パックリ」手術!! 目に刺さったガラス片を抜く方法とは!?

人は五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)を通して外界の情報を得るが、それらの重要度には大きな差がある。というのも、情報の8割以上は視覚から得るものであり、聴覚・嗅覚・触覚・味覚で得る情報は、残りの2割にすぎないと考えられているのだ。今回は、あと少しのところで大切な片目の視覚機能を失う危機にあった男性と、彼に施された驚くべき手術の様子を紹介しよう。
eye
大きく見開いた目。麻酔の影響だろうか、瞳孔が大きく開き、白目は充血している――。ところがよく見ると、その白目にパックリと開いた切り口があるではないか。しかも、そこにはピンセットが突っ込まれ、中から何かが取り出されようとしている。そして、何度かのチャレンジの末に姿を現したのは、大きく鋭いガラス片だった!!

 今月23日に「LiveLeak」上で公開された動画の解説によると、患者はポルトガル中西部に位置する都市コインブラで交通事故に遭った、33歳の男性であるとのこと。どうやら事故で割れたガラスの欠片が、男性の目を直撃したらしい。

眼球の奥深くにまで潜り込んでいた大きなガラス片は、手術の結果無事に取り除かれ、男性の視界や視力に異常は残らなかったというが、傷口は瞳孔までわずか数mmという位置にあり、まさに危機一髪といった状況だった。手術中、患部とは別の位置に金属の物体も埋め込まれているようだが、これは何の処置だったのだろう?

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20189/19

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女!

【閲覧注意】痛み止め薬を飲んで“全身が溶け出した”美少女! 奇病「スティーブンス・ジョンソン症候群」との闘い=英 イングランド東部エセック…

20189/18

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊!

【閲覧注意】「漂白剤風呂」に日々耐える赤ん坊! “ヘビの鱗”に覆われた我が子のために… 母親の決断と葛藤=米 米・ウィスコンシン州スーペリ…

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える!

【閲覧注意】14歳少女のオッパイからガチで「2本の腕」が生える! 爪もあり“お漏らし”まで…切り離す手術へ=フィリピン …

20189/14

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい!

【閲覧注意】取り出されたばかりのプルンプルンな脳がヤバい! 指で押すだけでダメージ… 脆く美しい“人体の秘境”を脳神経外科医が解説 …

【閲覧注意】超絶“SFチック”な人面ヤギにインド人もびっくり! 各地で奇形動物が続々誕生、人類の破滅を告げる現代の妖怪たち

 昨今、人面ヤギのニュースが多く報じられている。昨年7月、アルゼンチンのサンルイス州では、“悪魔”のような顔のヤギが誕生した。英紙「Mirr…

ページ上部へ戻る