【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 0現在の記事:
  • 55今日の訪問者数:
  • 158今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】「イスラム国」に斬首された男の口が動いた!! 生首になっても何かを訴える凄惨映像=シリア

昨年6月、イスラム教スンニ派の武装組織「イスラム国(IS)」が一方的に国家の樹立を宣言した。その後、征服地域を広げた「イスラム国」は、彼らへの従属を拒むシリア政府軍兵士や反体制派、少数民族クルド人、さらに各国のジャーナリスト、そして女性や子どもを含む多数の一般市民を残虐な方法で殺戮してきた。今月29日、英国に拠点を置くシリア人権監視団が発表したところによると、犠牲者の数はすでに3,500を超えたという。

 そんな「イスラム国」が処刑の方法として頻繁に用いる行為が“斬首”だ。言わずもがな、刃物で首を胴体から切断するこの手法は、古代から近代にかけて世界各地で行われていたが、現在はサウジアラビアなど一部の国で採用されるのみとなっている。「イスラム国」が斬首を好む理由として、宗教的理由や恐怖心を煽るイメージ戦略などの指摘があるが、いずれにしても前時代的な行為であることに間違いないだろう。特に今年5月に「イスラム国」がインターネット上に公開した斬首映像は、極めて衝撃的な内容を含み、この組織の野蛮さと残虐さを如実に示す内容となっている。

 後ろ手に縛られ、地面を引きずられるようにして運ばれるシリア人男性。そして、黄色いベンチに座らされた彼の髪の毛を、「イスラム国」兵士が無理矢理掴む。男性は必死に何かを主張し続けていたようだが、それが受け入れられるはずもなく、やがて狂気の瞬間は訪れる――。次に登場した男性の首は、すでに胴体から切り離されたあとだった。今まで斬首によって殺された人々と同様、男性の首は無残にも胴体の上に鎮座している。しかし本当にショッキングな光景は、その次の瞬間にやって来た。なんと斬首された男性の口が、動いた。死してなお何かを訴えるかのように、口をパクパクさせているのだ。

 まだ彼に意識があるのか、それとも単なる筋肉の痙攣だったのかはわからない。しかし、男性の無念を物語る極めて悲惨な映像だ。「イスラム国」の非道に対する怒りと同時に、なぜ人はここまで残虐になれるのか、人間という存在の恐ろしさに戦慄を覚える読者も多いのではないだろうか。
衝撃的な動画を掲載しています。
isuram

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

201810/16

【閲覧注意】通りすがりの高齢者(81歳)を突然ボコボコにする若者!

【閲覧注意】通りすがりの高齢者(81歳)を突然ボコボコにする若者! 飛び蹴り、杖で殴打… 道徳崩壊の暴行=中国 日本の社会で高齢化が進む中…

【速報・閲覧注意】12歳少女が「男の頭部切断、レンジでチンして脳と目玉食べる」事件発生!

【速報・閲覧注意】12歳少女が「男の頭部切断、レンジでチンして脳と目玉食べる」事件発生! 血まみれの家も公開、共犯者も…! …

201810/11

【閲覧注意】眼球に瞳が2つある奇病「重瞳」が超神秘的!

【閲覧注意】眼球に瞳が2つある奇病「重瞳」が超神秘的! 発症原因は不明、中国の偉人に多い理由とは!? …

201810/10

【閲覧注意】防弾チョッキの上から自分の腹を撃った男、死亡!

【閲覧注意】撮影者「え、マジで死にかけてるの?」防弾チョッキの上から自分の腹を撃った男、死亡! 銃弾貫通か内臓破裂か! 「ドモヴォーイ」と…

201810/8

【閲覧注意】ホームと電車の隙間に挟まれるとこうなる!

【閲覧注意】ホームと電車の隙間に挟まれるとこうなる! 高速スピンで引きずられ… 無謀な「トレイン・ホッピング」失敗の瞬間 …

ページ上部へ戻る