【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 13現在の記事:
  • 83今日の訪問者数:
  • 126今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】ネズミの赤ちゃんを踊り食いする中華料理「三聴」がヤバすぎる!!

世界3大料理のひとつ、中華料理。「4本足なら机以外、2本足なら親以外なんでも食べる」とジョークになるほどの幅広い食材と調理法が魅力とも言えるだろう。私たちの食生活にも、中華料理はごく自然に馴染んでいる。しかしそんな中華料理には、いくら魚介類の踊り食いを愛する日本人であっても思わず顔をしかめずにはいられない、おぞましい料理が存在する。

 現在、海外のメディアで話題となっているヤバすぎる中華料理(広東料理)、その名は「三聴」。なんとこれは、ネズミの赤ちゃんを踊り食いする料理なのだ。まだ毛がないピンク色の肌をした生まれたての赤ちゃんネズミを、そのままタレにつけ、口へと運ぶ。「ネズミの肉」というだけでもなかなかのハイレベルだが、それを生で、しかも踊り食いとは……!

 ちなみに「三聴」という料理名は、箸でつまみ、タレにつけ、歯で噛む、この3回のタイミングで赤ちゃんネズミが「チューチュー」と鳴き声を上げることに由来する。食した感覚は鶏肉に近く、骨まで柔らかく非常に美味であるという。なお、さっと熱湯に通してから食べるしゃぶしゃぶバージョンも存在するようだ。

 勇気のある人のみ、次ページの動画をご覧いただきたい。これを文化として許容するか、それとも野蛮として非難するか、議論は分かれるところだろう。欧米のネットユーザーの反応は概ね「残虐だ」「恐ろしい」「胸クソ悪い」など、否定的なもので占められている。いずれにしても、見る人に“食”という行為の奥深さを感じさせる映像であることだけは間違いない。図らずも「美味しそう」と感じてしまった人は、ぜひ広東省で体験してから編集部に報告してほしい。


TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20199/23

【閲覧注意】抗議の焼身自殺に失敗した夫婦の悲惨すぎる姿!

インド北部ウッタル・プラデーシュ州の都市マトゥラーにある警察署の前で、ジョジェンドラ・シンさん(40)とその妻チャンドラ・ヴァティさんが焼身…

【閲覧注意】農家が気絶した「エグすぎる人面牛」が誕生!

 YouTubeに公開された動画には、ぐったりと横たわった奇形の牛が映っている。その顔は人間そっくりで、虚ろな表情である。英紙「Mirror…

20199/20

【閲覧注意】娘をかばって無数のひょうに打たれた美人母の姿がヤバすぎる!

「とても怖かったですが、恐れている時間はありませんでした……。すべてが一瞬のうちに起こったのです」とABCに話すフィオナさんは当時、車の後部…

20199/19

【閲覧注意】洪水に巻き込まれた17歳美女JKが“突然消滅”!

メキシコ北西部にあるシナロア州の都市クリアカンで17歳の女子高生、アレハンドラ・テラサス・デル・ヴァルさんが豪雨による洪水に流されて死亡した…

【閲覧注意】世界最大「110kgの腫瘍」が悲惨すぎて目を疑うレベル!

手術の37年前に誕生したヤンさんは、右腰の上あたりに濃い痣があった。その痣は12歳の頃には拳大の腫瘍となったため、切除手術を受けたが、すぐに…

ページ上部へ戻る