【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

adf

Count per Day

  • 109現在の記事:
  • 8今日の訪問者数:
  • 9今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【閲覧注意】ネズミの赤ちゃんを踊り食いする中華料理「三聴」がヤバすぎる!!

世界3大料理のひとつ、中華料理。「4本足なら机以外、2本足なら親以外なんでも食べる」とジョークになるほどの幅広い食材と調理法が魅力とも言えるだろう。私たちの食生活にも、中華料理はごく自然に馴染んでいる。しかしそんな中華料理には、いくら魚介類の踊り食いを愛する日本人であっても思わず顔をしかめずにはいられない、おぞましい料理が存在する。

 現在、海外のメディアで話題となっているヤバすぎる中華料理(広東料理)、その名は「三聴」。なんとこれは、ネズミの赤ちゃんを踊り食いする料理なのだ。まだ毛がないピンク色の肌をした生まれたての赤ちゃんネズミを、そのままタレにつけ、口へと運ぶ。「ネズミの肉」というだけでもなかなかのハイレベルだが、それを生で、しかも踊り食いとは……!

 ちなみに「三聴」という料理名は、箸でつまみ、タレにつけ、歯で噛む、この3回のタイミングで赤ちゃんネズミが「チューチュー」と鳴き声を上げることに由来する。食した感覚は鶏肉に近く、骨まで柔らかく非常に美味であるという。なお、さっと熱湯に通してから食べるしゃぶしゃぶバージョンも存在するようだ。

 勇気のある人のみ、次ページの動画をご覧いただきたい。これを文化として許容するか、それとも野蛮として非難するか、議論は分かれるところだろう。欧米のネットユーザーの反応は概ね「残虐だ」「恐ろしい」「胸クソ悪い」など、否定的なもので占められている。いずれにしても、見る人に“食”という行為の奥深さを感じさせる映像であることだけは間違いない。図らずも「美味しそう」と感じてしまった人は、ぜひ広東省で体験してから編集部に報告してほしい。

TOCANA

関連記事

20208/12

【閲覧注意】レバノン爆発「テレビでは絶対に放送できない」直後の光景が地獄すぎる!

レバノンの首都ベイルートで今月4日、大規模な爆発があった。これまでに少なくとも78人が死亡し、日本人1人を含む4000人以上が負傷したという…

【閲覧注意】美人妻がヒグマに襲われ壮絶死!

露クラスノヤルスク地方セヴェロ=エニセイスキーで湖の近くを一人で散歩していた女性が野生のクマに襲われて死亡した。  家族と一緒に休暇を…

【閲覧注意】コロナ禍で女性2人が首吊りの決定的瞬間を生配信!

ネパールでは、新型コロナウイルスの大流行から約3カ月半後、コロナ禍とは別の公衆衛生の危機に瀕している。 警察の公式記録によると、3月24日…

【閲覧注意】史上最悪、ロストフの殺人家族「ポドコパエフ一家」!

ロシアのポドコパエフ一家は、史上最悪のシリアルキラー家族と言われる。一家は、2007年から2013年の間の6年間に30人以上を襲い、殺害した…

道端に捨てられたアルビノの赤ちゃんが悲惨すぎる!

アフリカでは、アルビノに対する差別や偏見が根強く、迷信とも相まって「アルビノ狩り」も横行している。 アルビノの身体を呪術に用いることで幸運…

ページ上部へ戻る