【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 30現在の記事:
  • 41今日の訪問者数:
  • 58今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】青年が撲殺されるまで — 凄惨なインドのギャング抗争

南アジアに位置する連邦共和国・インド。世界第7位の広大な土地に12億人以上が住み、経済成長が著しい国である。しかし、日本に届くのは経済成長だけでなく、少女が性的暴行された後、井戸に投げ込まれたという事件、夫婦喧嘩の末、妻を斬首したといった事件など、凄惨なものが多い。そんなインドで、ギャングがライバルチームのギャングを撲殺する光景を収めた動画が「LiveLeak」に公開された。

 その動画にまず映し出されるのは、スクーターに二人乗りする青年達が、取り囲まれて殴打されるようす。その二人のうち、ピンクシャツの青年が撮影している方へ引っ張られ、カメラの目の前で棒によって殴られてしまう。地面に倒れこんだピンクシャツの青年だが、棒を持った青年は遠慮なく振りかぶって何度も棒を振り下ろす。その数、確認できただけで18回。殴られた青年はぐったりと地面に横になったまま、ピクリとも動かなくなってしまった。
 ピンクシャツの青年はその後、病院に運ばれたものの死亡。もう一人の青年も病院に運ばれ、重体だという。警察は、この残忍な殺人事件を起こした犯人を追っている。

 このニュースはギャング間の抗争とされているが、去年3月には女性に性的暴行を加えたとして拘留されていた男を、拘置所から引きずり出して撲殺するという事件も起きている。撲殺したのは、女性に対する暴力に抗議する大規模デモに参加した群衆。拘置所から引きずり出したあと、市内にある時計台まで連れて行き、容疑者を裸にして殴るなどの暴行を加え殺害した。その後、遺体を時計台に吊るすという狂気じみた一件である。
 また去年の9月には、ヒンドゥー教で禁じられている牛肉を食べたと“疑われた”男性が暴行を受けて死亡するという事件も起きている。カースト制度や名誉殺人など、昔からの風習もいまだ色濃く残るインド。経済発展を遂げる影には、闇の部分がまだ残っている。あるのかもしれない。

※衝撃的な動画と画像を掲載しています。
gyang-1

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20191/4

【閲覧注意】微笑みの国タイの「排他主義・外国人暴行映像」に衝撃! 白人女性をあっという間に取り囲み、頭をビンでぶん殴る…

タイでは排外主義も横行しているという報告がある。海外の過激ニュースサイト「BestGore」では、白人女性がタイ人と揉めている様子を収めた動…

201812/9

【閲覧注意】「居眠り運転」暴走車が歩行者を“お人形さん”のようにクルクル吹っ飛ばす瞬間!

動画は、台湾の北西部に位置する新竹県で先月10日に撮影されたものだ。交通量の多い交差点で、赤い服を着た女性が横断歩道を渡ろうとしている。彼女…

【閲覧注意】“儀式殺人”の容疑者を群衆が生きたまま焼いて私刑!

「モブジャスティス(mob justice)」という言葉は、“正義”に駆られた民衆が罪人を集団でリンチすることを意味する。モブジャスティスは…

【閲覧注意】人妻をレイプ未遂の有名サッカー選手、夫に惨殺される! ペニス切り取られ、首がもげそうに…

先月27日、ブラジル南部の都市クリチバ市郊外の雑木林で、サッカー選手の遺体が発見された。死亡したのはダニエル・コレア・フレイタスさん(24)…

【閲覧注意】男のアナルから“ぶっといキュウリ”を取り出す様子がエグすぎる! 医師たち大爆笑、「直腸異物」の手術現場

肛門から異物を挿入されて抜き取れなくなった状態を、医学用語では「直腸異物」という。その異物には、自慰や性行為で使われる大人のおもちゃが多いが…

ページ上部へ戻る