【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 169現在の記事:
  • 28今日の訪問者数:
  • 95今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

【超・閲覧注意】青年が撲殺されるまで — 凄惨なインドのギャング抗争

南アジアに位置する連邦共和国・インド。世界第7位の広大な土地に12億人以上が住み、経済成長が著しい国である。しかし、日本に届くのは経済成長だけでなく、少女が性的暴行された後、井戸に投げ込まれたという事件、夫婦喧嘩の末、妻を斬首したといった事件など、凄惨なものが多い。そんなインドで、ギャングがライバルチームのギャングを撲殺する光景を収めた動画が「LiveLeak」に公開された。

 その動画にまず映し出されるのは、スクーターに二人乗りする青年達が、取り囲まれて殴打されるようす。その二人のうち、ピンクシャツの青年が撮影している方へ引っ張られ、カメラの目の前で棒によって殴られてしまう。地面に倒れこんだピンクシャツの青年だが、棒を持った青年は遠慮なく振りかぶって何度も棒を振り下ろす。その数、確認できただけで18回。殴られた青年はぐったりと地面に横になったまま、ピクリとも動かなくなってしまった。
 ピンクシャツの青年はその後、病院に運ばれたものの死亡。もう一人の青年も病院に運ばれ、重体だという。警察は、この残忍な殺人事件を起こした犯人を追っている。

 このニュースはギャング間の抗争とされているが、去年3月には女性に性的暴行を加えたとして拘留されていた男を、拘置所から引きずり出して撲殺するという事件も起きている。撲殺したのは、女性に対する暴力に抗議する大規模デモに参加した群衆。拘置所から引きずり出したあと、市内にある時計台まで連れて行き、容疑者を裸にして殴るなどの暴行を加え殺害した。その後、遺体を時計台に吊るすという狂気じみた一件である。
 また去年の9月には、ヒンドゥー教で禁じられている牛肉を食べたと“疑われた”男性が暴行を受けて死亡するという事件も起きている。カースト制度や名誉殺人など、昔からの風習もいまだ色濃く残るインド。経済発展を遂げる影には、闇の部分がまだ残っている。あるのかもしれない。

※衝撃的な動画と画像を掲載しています。
gyang-1

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】「人民寺院の集団自殺」封印画像をFBIが機密解除! 無数の腐乱死体、強烈な死臭漂う衝撃写真!

1978年11月18日は、ガイアナ北部に設立された「人民寺院(ジョーンズタウン)」で集団自殺が決行された日である。  人民寺院は195…

【閲覧注意】新型コロナの犠牲者、遺体と一緒に寝かされる患者たち… 自粛の気を緩めれば日本もこうなる、現状を知れ!

インド・マハーラーシュトラ州ムンバイにあるロックマンヤ・ティラック・ミュニシパル総合病院で撮影された動画は、地獄のような光景を映し出す。黒い…

【閲覧注意】イランの旅客機撃墜“直後の現場映像”が流出!

今月8日、イランの首都テヘラン近郊でウクライナ国際航空の旅客機752便が離陸直後に墜落し、乗員・乗客176人全員が死亡した。死者の中にはイラ…

【超・閲覧注意】米殺害イラン・ソレイマニ司令官の遺体画像流出! 焼け焦げバラバラ“ただの肉片”

米国防総省は今月3日、イランのイスラム革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを発表した。米軍はイラク・バグダッド空港でドローンを…

201912/19

【閲覧注意】最恐競技「エアリアルシルク」で美人選手が落下、脊髄損傷する決定的瞬間!

「国際空中演技選手権(IAAC)」は、ポールスポーツ、エアリアルシルク、エアリアルフープの3種目について、予選を突破したチームのみが参加でき…

ページ上部へ戻る