【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース

過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。また、18歳未満の方の閲覧が禁止されている項目があります。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

Count per Day

  • 64現在の記事:
  • 15今日の訪問者数:
  • 60今日の閲覧数:

seo


  • SEOブログパーツ

© 【危険・閲覧注意】超衝撃・超刺激的ニュース All rights reserved.

20159/3

【閲覧注意】自動車爆発・炎上の瞬間!! 宙を舞う人間と内臓

映画やドラマなどで、自動車の爆発・炎上シーンはお馴染みの光景だ。轟音とともに真っ赤に燃えさかる炎が一気に広がり、黒煙が舞い上がる様子はまさに圧巻の一言。ただし、私たちが平然と見ていられるのは、それがフィクションの世界の出来事だから。実際の爆発・炎上の現場には、映像作品では見ることのできない、地獄絵図が広がっているのだ。
2015y09m03d_210146757
解説によると、これはエジプト・シナイ半島のある都市で起きた出来事だという。詳細については明らかになっていないが、テロ(もしくは事故)の現場と思われる。
さまざまなものが散乱し、煙が立ち込めている路上。現場を取り囲んだ野次馬たちは、興奮しながら何かを話し合ったり、写真を撮るなどしている――と次の瞬間、小さな火がくすぶっていた自動車が、突然の大爆発を起こしてしまう(1:33前後)。
映像が捉えていたのは、野次馬(少なくとも1人)が爆風で吹き飛ばされる決定的瞬間だった。
拡大してみると、この人物は下半身を失い、まるでボロ雑巾のように宙を舞っていることが分かる。自動車の爆発・炎上の恐ろしさを、まざまざと見せつける光景だ。

TOCANA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【閲覧注意】「人民寺院の集団自殺」封印画像をFBIが機密解除! 無数の腐乱死体、強烈な死臭漂う衝撃写真!

1978年11月18日は、ガイアナ北部に設立された「人民寺院(ジョーンズタウン)」で集団自殺が決行された日である。  人民寺院は195…

【閲覧注意】新型コロナの犠牲者、遺体と一緒に寝かされる患者たち… 自粛の気を緩めれば日本もこうなる、現状を知れ!

インド・マハーラーシュトラ州ムンバイにあるロックマンヤ・ティラック・ミュニシパル総合病院で撮影された動画は、地獄のような光景を映し出す。黒い…

【閲覧注意】イランの旅客機撃墜“直後の現場映像”が流出!

今月8日、イランの首都テヘラン近郊でウクライナ国際航空の旅客機752便が離陸直後に墜落し、乗員・乗客176人全員が死亡した。死者の中にはイラ…

【超・閲覧注意】米殺害イラン・ソレイマニ司令官の遺体画像流出! 焼け焦げバラバラ“ただの肉片”

米国防総省は今月3日、イランのイスラム革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官を殺害したことを発表した。米軍はイラク・バグダッド空港でドローンを…

201912/19

【閲覧注意】最恐競技「エアリアルシルク」で美人選手が落下、脊髄損傷する決定的瞬間!

「国際空中演技選手権(IAAC)」は、ポールスポーツ、エアリアルシルク、エアリアルフープの3種目について、予選を突破したチームのみが参加でき…

ページ上部へ戻る